カテゴリ:2013年2月シンガ・カオラック( 20 )

シミラン諸島でシュノーケル -水中写真編-

シュノーケルをした時の水中写真です。
Kodakの防水使い捨てカメラ使用。27枚撮りなのに使えるのは15枚ほどでした・・・。
デジカメやデジイチの画像に慣れてしまっているので、
非常に映りが粗いのですがそれもまたアートっぽくてヨシ。と言う事にしましょう。うん。

フィルムは荷物チェックの時のセンサーに触れるといけないと聞いていたので
手荷物で持って行き、「フィルムなのでセンサーに通さずチェックしてください」と
各空港でお願いしてみるも、センサーに通さないでいてくれたのは日本だけでした・・・。
しかもその場で試し撮りさせられたりしたし、時間もかかりました。
後は「フィルムにも害が無いから!」とフツーにセンサーにかけられましたよ。
それが現像後に影響があったのかどうかはイマイチ分かりませんが結構面倒だったなぁ。

シュノーケルツアーでは船の上で防水デジカメの貸し出しもしている様なので、
SDだけ持って行ってそれを借りるってのがイチバン手間がかからずきれいな写真が撮れるかも。

さてさて、精鋭の水中写真をダダッと公開します。
旦那さん、素潜りって言ってたけどフィンは着けてましたね、ごめんなさい。

b0251742_1523477.jpg

b0251742_15325490.jpg

b0251742_15262986.jpg

b0251742_15243828.jpg

b0251742_152596.jpg

b0251742_15253942.jpg

b0251742_15274362.jpg

b0251742_15283442.jpg

b0251742_15285639.jpg

b0251742_15295570.jpg

b0251742_15314360.jpg

b0251742_15321741.jpg

b0251742_15322821.jpg

b0251742_15331257.jpg

b0251742_15332871.jpg


フォトムービーではすべての写真をたっぷり載せてるので見応えアリなのですが
これでシミラン諸島の海の雰囲気伝わったかなー。

次はこの日の夜とスーパーでのお買い物編です。
[PR]
by kodehinokanata | 2013-03-30 15:44 | 2013年2月シンガ・カオラック

シミラン諸島でシュノーケル

すっかりうっかりしてました、カオラック旅行記。
フォトムービー作成で何度も写真を見たりコメントを入れたりしてる内に
なんとなく旅行記完成!な気分でいた様です。テヘへ。
来週から短期(と言っても一ヵ月)のお仕事が始まるので平日更新は無理っぽい・・・
と言うわけで今週末までにラストスパートかけるっす!

===============================

カオラック3日目。

カオラックではとにかくのんびりして美味しいものを食べればそれで満足。
と思っていたのですが調べて行くうちに「シミラン諸島」と言う
世界有数のダイビングスポットが近いことを知りまして。
一日くらい何かアクティビティしてもいいよね~せっかくだし!と
日本人をほとんど見なかったカオラックにある、
日本人経営のダイバーショップ「e-dive」さんに出発前に予約をしておきました。

カオラックにはダイビングショップもたくさんあるし、きっと現地で予約OKなのだろうけど、
何かトラブルが起こった時に日本人同士の方が安心だし。
大型船でのんびりと、クルージング気分で行けるツアーがあると言うのも大きな決め手に。

メールのやり取りも日本語だし、
スケジュールや注意事項も事前にメールで受け取って(もちろん日本語)、
振り込みも日本の口座。
しっかり内容を把握出来てからのツアー参加は
海外で大海原(大げさ)に出る不安を大分軽減してくれたと思います。


b0251742_10101211.jpg

7:40にホテルにピックアップ、8:30出港で朝食は船でビュッフェとの事だったので、
ホテルではコーヒーとフルーツだけでごく軽く。

b0251742_10104827.jpg

こんな風な照明、いつか自分の家に取り入れたいなぁと思いつつ。

b0251742_10105869.jpg

涼しいからか朝早めだったからか、プールサイドに猫ちゃんが遊びに来てました。
今回初のタイ猫!やっぱり顔つきもスタイルも違うな~。
小顔でシュッとしてる。カワエエww

ロビーで待っていると、送迎の車が到着。
一度乗りたいなぁ~と思っていたほろ付きのトラックだったのでうれしかった!
数組のダイバーさん達を各ホテルでひろいつつ、30分ほどで港に到着です。

b0251742_10113542.jpg

船着き場。クルーザーがたくさんあってなんだか素敵!
と思っていたけどこれが小型船のスピードボートなのかな??

b0251742_10114530.jpg

多分これは津波の跡・・・

b0251742_10115211.jpg

私達がこの日お世話になるのはこの船だそうです。
大型クルーザー・・・ちょっと想像と違うけど(笑)

乗船前には履物を預けて裸足で乗ります。
1階はお手洗いやダイバーグッズ置き場、
2階にはテーブルやシートがあって運行中はここでのんびり過ごすと言う事ですが
2月のタイは乾期。ダイバーさん達にはハイシーズンって事で結構な混雑ぶりでした。

e-diveさん参加のこのツアーは、
シュノーケル参加者のみの場合は日本人スタッフさんは同行しないとの事でしたが、
この日は私達以外に2人の日本人ダイバーさんが参加だったので
e-diveの日本人スタッフの女性が同行してくれました。

b0251742_1012032.jpg

船の上には「お好きにどうぞ!」と山盛りの酔い止め(笑)
タイの酔い止めは効きますよ~との事で早速一錠飲んでおきました。
確かにすごく効きました。
酔わなかったけど、クルージングを楽しむ余裕もないくらい猛烈に眠かったです。

b0251742_101289.jpg

朝食はビュッフェスタイル・・・と言うほどの優雅ではありませんが、
結構美味しくお腹を満たしてくれるラインナップでした。
小さなスペースでのサービスなのですぐにパンやらチーズやら無くなってしまうのですが
ちょっと待っていると一階から追加の食料が届きますので食べ損ねることは無いです。

b0251742_10121528.jpg

みんなで朝食タイム!
ここでも私達5人の日本人と数名のタイ人スタッフ以外はすべて欧米系の人たち。
やっぱり特にドイツの方が多いそうです。
ヨーロッパ旅行に来た気分になるわ~(笑)

朝食後はシュノーケルの注意事項の説明がありました。
基本的には英語での説明になるようですが、日本人スタッフが同行してくれていたこともあり
日本語での補足もあって安心でした。

b0251742_1050549.jpg

そして乗船してから2時間半の船旅を楽しみます。
小型のスピードボートだと1時間ほどでスポットに着くそうなのですが、
その分バウンドがすごくて大抵酔うそうです。
大型船はスピードこそ出ないものの、
大きな揺れも無くこんな風にのんびりとおしゃべりしたりして過ごせます。

b0251742_1051397.jpg

乗船の時に貸し出されるタオルや私物はこの様に上の棚にしっかりと収めます。
いくら大型船と言えど、海にぽちゃんと落としてしまったらどうしようも無いですものね。

b0251742_1051942.jpg

最初は船からの景色を楽しんでた人たちも、途中からこんな風にごろごろと。
・・・今思えばこの人船酔いしてたのかも。

船上では、朝食・昼食・軽食がビュッフェスタイルで提供されます。
飲み物はビール以外はすべて無料。温かいコーヒーや紅茶、ミロまであります。
ビールは有料なのですが、さすがに行きでは飲んでる人は見なかったなぁ。

b0251742_1184149.jpg

やっと島が見えてきた!

シミラン諸島には9つの島がありそれぞれNO.1~NO.9と番号が付けられています。
島の名称もあるらしいけど呼び方が様々の様なので番号の方が認識しやすいのでしょうね。
この日は確かNO.5とNO.9だったような・・・うろ覚えです。

b0251742_1184781.jpg

カメラチェック中。

シュノーケル参加にあたって、せっかくだから海の中が撮りたい!と思い
スマホ用の防水ケースを購入したのですが、コレ使うにはちょっと勇気が入りまして。
テスト使用をしてみたけど、実際海で海水が入ったら?落としてしまったら?と思うと
割賦が済んでいないiphoneを防水ケースに入れて海中で使う勇気が無く。
結局使い捨ての防水カメラを購入したのでした。

購入したのはコチラ2点。
いずれもAmazonです。

b0251742_1126159.jpg

Acase シースルー 防水ケース

海中では使わなかったけど、プールサイドや船上で使用。
帰国後はお風呂でhuluを観るのに大活躍中です!

b0251742_11261852.jpg

Kodak レンズ付きフィルム スポーツ15m 防水 27枚撮り

この値段だし、試してみよう!と購入しました。
でもCDに焼いてもらったりするので結局割高になった気がする・・・。
写り具合はまた別記事で。

b0251742_119285.jpg

この透明度!テンションがぐんぐん上がります!
最初の島へはゴムボートで岸まで向かいます。
シュノーケル参加者は私達夫婦二人と、ドイツ人カップルの4人だけ。
後はみんなダイビングの様でした。

b0251742_1191745.jpg

島に着いてフィンとマスク、ライフジャケットを身に付けて、いざシュノーケル開始!

・・・水中の写真も撮れたのだけど、
最初の島のと次の島の海の中がどっちがどっちか全く分からなくなってしまったので、
別記事で水中写真をまとめてUPします!

あっという間の40分。
そう、実質シュノーケルタイムは40分くらいなのです。
時間になると小さな船が迎えに来てくれて大型船に戻りました。

b0251742_11402136.jpg

先に海に入っていったダイバーさん達が船に戻ってきています。

b0251742_1193175.jpg

そして昼食タイム!
ランチはタイ風メニューでした。写真には見切れてるけどスープが激ウマでした~。

b0251742_1193479.jpg

たった40分のシュノーケルと言えど海の中で動くとさすがにぐったりします。
次の島までの1時間はまったりと休息をとりながら移動です。
この時点でとってもビールが飲みたかったけど、
飲酒後のシュノーケルはいくらなんでも危険そうなのでガマン。

b0251742_1194971.jpg

次のポイントに到着。
ここではシュノーケル組が先に海に入ります。
そして船から直接ドボンすると言う。
旦那さんはぐんぐん先に行っちゃうし、ちょっと怖かったです。

b0251742_1195260.jpg

上陸する岸が無いんだね。

2回目のシュノーケルはタイ人のスタッフさんが先導してくれるので
慣れていない人はその人について行くと非常に心強いです。
私はもちろん見失わないように常に彼の姿を探しぴったりくっついて行きました(笑)

旦那さんは1回目のシュノーケルの時からライフジャケットは着なかったのですが、
2回目ではゴーグルもマスクも無しの持参の水中眼鏡だけで素潜りを楽しんでました。
泳げない私にとっては信じられない・・・。
旦那さんがイルカになった模様は別記事で。

b0251742_1110748.jpg

船から投げられたパパイヤにつられて水面まであがってきた魚もいました。
そして彼女の様にTシャツを来てシュノーケルするのが正解だと思います。
すっごく焼けるから!特に背中と肩が。

b0251742_11101457.jpg

あっという間に2回目のシュノーケルも終了。
軽食のフルーツを頂きつつ。
スタッフさんが船上で写真を撮ってくれました~。
・・・旦那さんの表情が硬いのは船酔いを恐れているからです(笑)
この後もう一度酔い止めを飲んだので大丈夫でしたが。

b0251742_11103281.jpg

そしてまた2時間半かけて港に戻ります。

b0251742_1155839.jpg

b0251742_1155113.jpg

漁船かな。

b0251742_11552622.jpg
b0251742_11552924.jpg

カラフルな船。

b0251742_11554436.jpg

帰りもほろ付きのトラックで。

b0251742_11554725.jpg

夕焼けの中を帰ります。

b0251742_1156498.jpg

荷台からの眺め。気持ちいい~。

b0251742_1156773.jpg

虹が出ていました!

b0251742_11562318.jpg

すっかり夕暮れタイム。
あっという間の一日。と言うかほどんど船で移動していた一日でした。

人生でシュノーケルをしたのはこれで多分4回目くらいだけど
泳げない&サメがコワい私にとってはそれはお付き合いでイヤイヤでした。
でも今回のシュノーケルはとってもとっても楽しめました。自分でもびっくり(笑)
「せっかくだから根性」でツアーに参加してヨカッタ~!

またどこかの国のきれいな海を訪れたらシュノーケルに積極的に参加したいと思います。
苦手が一つ減った、大きな収穫のあった一日でした。
[PR]
by kodehinokanata | 2013-03-29 12:06 | 2013年2月シンガ・カオラック

ビーチでサンセット、そしてまたもや「Pong食堂」

午前中から職務経歴書を作成中・・・。
頭がくらくらする~、もうやだ~。

こんな時は思い出に逃げよう。うん。
と言うわけでカオラック旅行記続行!

プールサイドで読書をしたりのんびり過ごした午後。
そろそろ陽も落ちてきたようなので、サンセットをみるためビーチに向かいます。

b0251742_1754384.jpg

私達の宿泊したホテルにはビーチが無いのですが、
チェックインの際にこのカードをもらえます。
お隣のホテル「The Sand」が同じKatataniグループなので
そこのプライベートビーチに入れるパスです。

b0251742_17493217.jpg

ホテルの裏から案内の通りに進み、途中で守衛さんにパスを見せて進んでいきます。

b0251742_17543255.jpg

やっとビーチが見えてきました。が結構遠い。ホテルから10分弱歩くかなぁ。

b0251742_17544312.jpg

津波の避難経路を示す標識が。
2004年12月26日に起こったスマトラ島沖地震では
プーケット島だけではなく、ここバンガー県カオラックも津波の被害にあいました。
それからまた美しいビーチリゾートをここまで復興したのですね。

b0251742_1755158.jpg

少しずつ、空がピンク色に染まって来ました。

b0251742_17551061.jpg


b0251742_17551735.jpg

静かな、静かなビーチです。

b0251742_17552318.jpg

b0251742_17564293.jpg
b0251742_17565466.jpg
b0251742_1757046.jpg
b0251742_1757337.jpg
b0251742_17574561.jpg

b0251742_17575827.jpg

もっとゆっくりじっくりサンセットタイムを砂浜で過ごしたかったのに
旦那さんの「お腹すいた~、お腹すいた~」の訴えで早めの夕食に向かうことに。
ちっ、せっかくロマンチックな気分に浸ってたのにっ!

b0251742_158797.jpg

ちなみにこれは2008年にプーケット島のカロンビーチでみたサンセット。
色が全然違います。こうゆうのをちょっと期待してたんだけど、
やっぱり場所によるのかな~。時期なのかな~。
この時は最後までサンセットタイムに付き合ってくれた旦那さんだったのに。
お腹が減ってなかったのかな(笑)?いや、まだ結婚5年目だったから?!

・・・いずれにしても過ぎたこと。
旅行記にもどりましょう。そうしましょう。

b0251742_17581698.jpg

さて、ホテル戻って晩ご飯に出掛けたのは・・・

b0251742_17584066.jpg

またもや「Pong食堂」!!
そうなのです、美味しい、安い、(ホテルに)近い!
の三拍子がそろったここの大ファンになってしまったのです。
あ、でもね、店員さんはあんまり愛想が無いです。

b0251742_1759749.jpg

夕暮れの空の下の食事は非常に気持ちがイイです。

b0251742_17592483.jpg

そして道行く人の95%は欧米人。
ここはどこなんだ・・・って気分に何度もなりました。

b0251742_17594544.jpg

豚肉のバジル炒めとご飯に目玉焼きをのせてもらったものと、パッタイ、
それからスープは「トム・カー・ガイ」です。

b0251742_17593590.jpg

このトム・カー・ガイ、絶品!

ちなみに「トム・カー・ガイ」とは
「トム」=煮る
「カー」=タイの生姜
「ガイ」=鶏肉
と言う意味です。ココナッツミルクで煮込んでいますが、甘いスープでは無く
ココナッツのほんのりした甘い香りと生姜の香りと辛みがタイ料理らしい絶妙なハーモニーの
トム・ヤム・クンと並ぶメジャーなスープです。

なぜにこんなに美味しいのか。
一番の理由はフレッシュハーブを使ってる事にあると思いました。
日本では西洋のハーブは割と入手出来るけど、タイのフレッシュハーブって見たことないです。
あっても恐ろしく高額なんでしょーねー。

キノコもゴロゴロ入っていて本当に美味しかった!
今回の旅行でBEST3に入ります。あー、また食べたいよう。

b0251742_17595659.jpg

テーブルクロスも椅子も調味料入れもキッチュさがカワイイ~。
栃木実家でどこかにこんなスペースを作れないものかと構想中です。

b0251742_1801676.jpg

食後はスーパーで買い物して、
2次会用のおつまみを別のレストランでテイクアウトしてホテルに戻りました。

b0251742_1804167.jpg

欧米人が多いからかステーキハウスやイタリアン&ピザのレストランも
カオラックの町にはたくさんありました。
適当なお店でフレンチフライとサラダを買って、
タイのちょっと辛いソースもスーパーでゲットしてお部屋のテラスで2次会!!

b0251742_1804788.jpg

食べ過ぎ?ですよねー(笑)
こんな感じで毎晩二次会は開催しておりました。

さあ、次の日は唯一の予定の「シミラン諸島へシュノーケル」です!
朝早いので、早々に就寝します。
[PR]
by kodehinokanata | 2013-03-08 15:43 | 2013年2月シンガ・カオラック

ホテルでのんびり、と「Pong食堂」

カオラック2日目の朝です。
最初のお宿、「Andaburi by Katathani」の感想はまた後で。

b0251742_1129315.jpg

まずは朝食。・・・パン齧りかけ(笑)
大きなホテルほど目移りしてしまうラインナップ!ではありませんが
バランス良くいろいろあって、卵もオーダー通り焼いてくれるスタッフがいました。

b0251742_11291513.jpg

こうゆうところで食べる朝ごはんは気持ち良くて美味しーね!

b0251742_11292663.jpg

レストランから各コテージに向かう小路。
ちょっとジブリワールドみたいでカワイイのです。

b0251742_11293848.jpg

プール。

b0251742_11295159.jpg

左奥に見える建物が通常サイズのコテージです。
2部屋がくっついた仕様になっていて、コネクティングルームがあるお部屋もあるそう。

b0251742_11321439.jpg

食べ過ぎの自覚がある旦那さんは、早速ジョギングに出掛けて行きました!
・・・大層暑かったそうですぐ帰って来たけど(笑)
ジョギングが出来るくらいの涼しさは朝食前までかな。

b0251742_1130472.jpg

お昼までの時間はお部屋のテラスで本を読んだりお酒を飲んだりしての~んびり。

していたらあっという間にお昼!
と言うわけで街に出ました~。
ホテルからカオラックの繁華街までは本当に近いので、
食事や日々のお買い物には全く困らずとても便利でした。

b0251742_11334781.jpg

昼間のカオラックの街並み。
イルミネーションが無い分大分田舎感が溢れていますが
そこがいいの~。

ホテル近くにある屋台風レストラン・・・食堂?に入ってみることに。
地元の人も食事に来ていたし、って事はローカル味が食べられるんじゃ?と期待度UP。
お店の名前は・・・「Pong」という字しか認識できなかった(笑)
なので今後は「Pong食堂」と勝手に呼ばせて頂きます。

b0251742_11342495.jpg

お米のヌードルスープと野菜炒め。
メニューは写真付きなので分かりやすいです。
そして安い!

さらにさらに・・・美味しいの!
辛さも酸っぱさもばっちりパンチが効いてます。ワホー!

b0251742_1134220.jpg

タイで頂く野菜炒めは私達の好物のひとつ。
オイスターソースで炒めてるらしいけど、それだけじゃないと思うんだナー。
絶妙の味わいなのです。
カリフラワーとか紫キャベツの色どりが良いです。

b0251742_11343941.jpg

やっぱりタイに来てヨカッター!!
と満面の笑みのワタシ。

ヌードルスープ2種、野菜炒め、ソーダ水、シンハー(大)で確か¥600くらいだった記憶が・・・。
すげー(笑)
だからタイはヤメラレナイのです。ウッシシ。

b0251742_1135564.jpg

デザートはスーパーでアイス。
タイの小豆バーです。ちなみに50円くらい。

b0251742_11361047.jpg

ふんわりココナッツ味が南国気分~!
小豆がゴロゴロ入ってて凍ってるからそれがガリガリする(笑)
さっぱりしてて美味しかったです。

b0251742_11362837.jpg

置物もいちいち可愛くてパシャリと。

b0251742_1137859.jpg

午後はプールサイドで過ごしましょ~。
プールも小さいながらも清潔で、バーもあります。
ランチも食べられるみたい。

b0251742_11372152.jpg

そして読書。
そう、今回の旅の目的は「ひたすらのんびり、そして読書 in タイ」ですから!
私は1日1冊は必要だろうとブックオフで¥100の本を買い込み、
読み終わったものからホテルにプチメッセージをつけて置いて行きました。
旦那さんには散々ブックオフを進めたけど、全部新品(笑)!こだわりなんだね~。
でも読み終わった分はホテルに置いて行ったよ・・・。

b0251742_11373227.jpg

読書→暑くなったらプールを繰り返し、
部屋から持ってきたジントニックを飲みつつ午後は過ぎてゆくのでした。
[PR]
by kodehinokanata | 2013-03-06 22:23 | 2013年2月シンガ・カオラック

カオラック到着!と「ノム・レストラン」

プーケット空港に到着。
SILKAIRは機体が小さかったから気分的に窮屈な感じでした。
短いフライトならいいけどね。

5年ぶりのプーケット国際空港です。
空港での記憶がまったくすっぽり抜けているので、初めて降りる場所の気分。
印象的には古い小さな空港と言ったところです。

バケージクレームでスーツケースを引き取って、
ここでもう一度パスポートの提示を求められるハズ・・・なのにフリーパス。
申告物がある人は自分から向かっていくって事ですね。そんな~(笑)

税関を抜ける前にも抜けてからも両替所があるので、
適当にここで多少の現金を両替しました。
レートは1バーツが3.3円くらい。
後日行ったカオラックの両替所の方が少しレートが良かったです。

私達はメータータクシーで向かおうと思っていたので、
「タクシータクシー!」の客引きを振り切り、メータータクシー乗り場へ。
空港を出て右側に歩いて行くとはじっこにあります(いいかげんな説明だな)。

b0251742_10364662.jpg

旧正月で旅行に来る人が多いらしく、タクシーに乗り込むまでに結構待ちました。

b0251742_10365229.jpg

窓口で行き先を告げると、こんな紙がもらえます。
ちなみにカオラックまでは1400THB(約4500円)。定額なんですね。
プラス100THBを空港使用料みたいなものとして、
計1500THBをタクシーを降りる時に運転手さんに支払います。

b0251742_10365961.jpg

やっと順番がキターー!
一路カオラックへ。

ちなみにカオラックへ行く場合の最寄りの空港はプーケットになりますが、
プーケット島にカオラックがあるのではありません。
プーケットから北上する感じです。

カオラックへ行くんだ~と言うと、どこ?と聞かれる事100%!
プーケット空港から車で・・・と説明するも、
「ああ、プーケットに行くのね!」と認識されてしまいます。
ので、ちょっと地図で説明しますョー。

b0251742_151014.jpg

タイ全土での位置はこのあたり。

b0251742_1510955.jpg

プーケット空港から約100km、ほぼまっすぐ北上します。

カオラックの町までは、ぽつぽつと小さな町を通り過ぎるだけ。
大都会シンガポールから一転したのんびりした雰囲気に、ほっと心がなごみました。

ものすごくなまりのある英語でいろいろお話をしてくれたドライバーのおじさんは
とっても安全運転でした!
ええ、そりゃあもう、あの「エコタクシー」のおっちゃんとは比べたら失礼になるくらい。
親切&安全運転でホテルまで送り届けてくれたので、チップはちょっと多めに!

そしてやっとカオラックでの最初の宿「Andaburi by Katathani」に到着。
チェックイン時にサービスしてくれた冷たいパイナップルジュースの
なんと美味しかった事か!
こうゆうサービスを受けると、リゾートに来たなあと実感します。

荷ほどきもそこそこに、晩ご飯を食べにカオラックの町に出発!
カオラック、情報収集をするも新鮮な情報がなかなか見つからなくて、
最終的には英語の投稿を読んだりしていたんんだけど、いまいちピンと来なくて。
結局、「行って決めようぜ!」と歩いて良さそうなレストランに入る事にしました。

b0251742_10371665.jpg

そしてお客さんがたくさん入っているこのレストランに入る事に!

b0251742_10372623.jpg

「Nom's Family Restaurant」です。
看板から妄想するに、「ノム家の料理上手な母の味をあなたに」と言ったところでしょうか。

b0251742_10374053.jpg

フラッグも東南アジアっぽくて、キッチュでカワイイ。
今度パーティするとき私もこれ作ってみよっと。

b0251742_10374697.jpg

飲み物はもちろんシンハービアー!(旦那さんね)
私は、まだ二日酔いが微妙に残ってる軟弱ものなのでソーダ水。
炭酸水好きの私なのですが、
タイではどこでも普通にソーダ水(もちろん無糖)があるのでウレシイ!安いし!

b0251742_10375180.jpg

ずっと食べたかった「ヤンウンセン」。
辛くて酸っぱくて爽やかで美味しいwwww

b0251742_10375862.jpg

イカのグリル。
シンプルなのですが、ソースがタイ!
やっぱり辛くてニンニクが効いてて爽やかなソースとシンプルな炭焼きのイカ。
おつまみにさいこーだー!・・・ソーダ水ですが(笑)

b0251742_1038524.jpg

骨付きチキンの甘辛ソース和えも。

一皿も大きすぎ無いので、二人で3皿くらいで丁度いい量です。
メニューも写真付きで選びやすかったし、お店は清潔。
そしてここの看板スタッフ(と勝手に私達は思っている)の男性のサービスが細やか!
笑顔でてきぱきと料理と客をさばく姿はとても気持ち良かったです。

タイでのご飯一発目はこうして美味しく楽しく気持ちよく迎えられたのでした。
幸先いいぞー!

b0251742_10381854.jpg

このランプ、私も旦那さんも欲しかったのですが、欲しい図案の意見がどうにも合わなくて。
そんな理由で断念しました(笑)

b0251742_10382451.jpg

レストランは基本「オープンエアー」です!ひゃっほい!
一年中穏やかな気候らしいカオラックですが、この時期は乾期。
湿気も気になるほどでは無く、
朝晩はひんやりするくらいの涼しさでとても過ごしやすかったです。

b0251742_10383879.jpg

スーパーで部屋で飲むお水やビールやらを購入してホテルに戻ります。

さあ、明日から本格的なバカンスの始まりぃ!
ああ、自分で旅行記書きながらもワクワクしちゃうわ~

=memo=
プーケット国際空港
Andaburi by Katathani
Nom's Family Restaurant
[PR]
by kodehinokanata | 2013-03-05 16:11 | 2013年2月シンガ・カオラック

「ラッフルズ・ホテル」へ、そしてサヨナラシンガポール

リトルインディア駅からMRTでエスプラネード駅まで移動。
パラパラと雨が降ったりやんだりする中、少し歩くとラッフルズホテルに到着です。

b0251742_129440.jpg

ホテル正面。コロニアル調の優雅な建物です。
小さく映ってるのが名物のドアマン!・・・タブン(笑)

b0251742_1291211.jpg

元日に遊びに行けるところも限られているからでしょうか、観光客でいっぱい。

b0251742_1291940.jpg

中庭の噴水。

b0251742_1292520.jpg

ギフトショップに寄らなければ。
シンガポールを訪れた証を何か!

b0251742_12153895.jpg

麻のキッチンクロス、ティッシュケースを家族のお土産に。
私は今回食べたかったけど食べられそうもないカヤトーストを家で試すべく、
「カヤジャム」なるものをGET。

=memo=
キッチンクロス ・・・ S$22.19
ティッシュケース(3つ入り) ・・・ S$19.90
カヤジャム ・・・ S$10.50

b0251742_1294121.jpg

誰でも入れるエリアなのに、本当に隅々まできれいだし
そこここにちょっと座って休憩出来るスペースもたくさんあります。
時間があれば座ってぼーっとしたかったな。

b0251742_1295458.jpg

どこを通っても素敵な空間。

b0251742_1210190.jpg

ここに来たからには、アレを飲みたい!と2階のバーへ。
・・・でも私、暗いバーって苦手なのです。
と言うわけで、中庭にあるカフェで頂く事に。

b0251742_1210731.jpg

シンガポールスリング!

ここに来たからには!コレを!
・・・正直、お値段にビビりましたが。ええぃっ!思い出だー!と。
シンガポールスリングは1915年にこのホテルのバーテンダーが最初に作ったそうです。
でも現在のレシピは当時より大分変っているそう。
蒸し暑い気候に、とても飲みやすい美味しいカクテル(と言うかジュース)でした。

b0251742_1210182.jpg

とか言いつつ、前夜のお酒がほのかに残っているのでもう一つはアイスティー。

b0251742_12102545.jpg

記念撮影も忘れずに。

さらに水分が欲しかったのでミネラルウォーターを注文したら、
イタリアの大きなボトルのだったのだけど、これまたお値段見てビックリだったわー。

=memo=
シンガポールスリング ・・・ S$26.00
アイスティー ・・・ S$11.00
ミネラルウォーター ・・・ S$15.00(!)
(サービス税10%とGST7%が別途)

b0251742_1210334.jpg

コースターのイラストは、もしやあの植物?
旦那さんのオヒゲが汚いな・・・

b0251742_1294841.jpg

アイスを売っているカートまで素敵。

b0251742_12103970.jpg

他にもいろんなラッフルズホテルオリジナル「スリング」があるようです。

b0251742_12104748.jpg

予備知識も無く訪れたので、「ラッフルズ価格」にちょっとびっくりしましたが
TDLの様な夢の国と考えれば仕方のない事ですね、きっと。
人が多かったのに、なぜか静かな空間と言う印象が残ったこのホテル。
次回もし訪れる事があれば、
宿泊は叶わないにしてももっとゆっくりのんびり散策したいなぁと思います。

b0251742_12114196.jpg

さて、次の目的地に向かいましょう!

・・・とマーライオンパークを目指すも、雨が笑っちゃうほど強くなってきたし
ちょっと迷ってしまったのでこのまま空港に向かう事になりました。

※帰国後、グーグルマップでラッフルズホテルからマーライオンパークを
ルート検索してみたら、なんと徒歩12分でした!
えー!そんなに近かったのにあんなに迷ったのか・・・。

b0251742_12114731.jpg

ただいま、チャンギ空港駅。

b0251742_12115462.jpg

余裕を持ってチェックインしたはずなのに、
なんだかバタバタしてしまってランチも手近なタイ料理屋へ・・・。
これからアタシ達タイに行くのに、タイ料理って!

b0251742_1212169.jpg

海老と春雨炒めとか

b0251742_1212845.jpg

パッタイとかを大慌てで食べて、
免税店を眺める時間も全くなく搭乗ゲートに一直線!

=memo=
「CENTRAL THAI」
パッタイ ・・・ S$9.0
海老と春雨炒め ・・・ S$8.50
(サービス税10%とGST7%が別途)

1泊2日の短いシンガポール滞在。
大晦日&旧正月だからあんまり楽しめないだろうな~、まあ友達に会えればいいか!
と私にしては珍しく下調べをほとんどしていかなかった事が完全に敗因です。
最初の夜にどこかでガイドブックに付いていた地図を落とした事や、
ホテルにガイドブックを捨てて帰った事も痛かったな~。
「成り行き任せの旅」にあこがれていた私ですが、
やっぱり下調べは短い時間を有効に使うには非常に大切だ!と実感したのでした。

それからもうひとつ。
搭乗ゲートの集合時間が出発予定時刻の1時間前となっていたので
早すぎじゃないか?と不思議に思っていました。
そして入国前後にはあるはずの手荷物検査がどこにもない!
これも不思議に思ってました。
そしたらね、搭乗ゲートに入る前に手荷物検査があったのです。
こんな空港初めてだわ~。
どうりでかなり早めに搭乗ゲートに集合させるわけだ。
・・・免税で購入した液体物はどうゆう扱いになるのかな??

b0251742_12122245.jpg

シンガポールからはSILKAIR航空で1時間半の空の旅。
機内食はこんな感じ。お味は・・・まあ、うん。ご飯がもう少し美味しかったら、ネ。

さあ、いよいよカオラック、バカンス紀行の始まりです。
[PR]
by kodehinokanata | 2013-03-02 14:29 | 2013年2月シンガ・カオラック

チェックアウト後、リトルインディアへ

翌朝。
ミネラルウォーターが無くなりそうだったので、
寝ている旦那さんを残しコンビニへお水を調達に出かけました。
ホテル周辺は、車もほとんど走っていないしとても静かでした。

b0251742_2127156.jpg

自動販売機がありました!って事は治安がいい国なんだな~と実感。
ちょっと中の飲み物も気になる・・・。

b0251742_21272968.jpg

タイガービール瓶のケースが積み上げられているのを見ても、
ああシンガポールにいるんだなとしみじみ。

b0251742_21273993.jpg

ホテルのロビー。
PCも置いてあるので、ちょっと調べ物とか出来るのかな。

b0251742_21281173.jpg

うっかりカードキーを持たず出たので、エレベーターにも乗れずちょっとアワアワしましたが、
なんとかフロントでもう一枚カードキーをもらって
旦那さんがグースカ寝ている部屋へ戻りました。
これから可能な限り鍵は二つもらおうと心に決めた、シンガポールの朝でした・・・。

b0251742_21282074.jpg

チェックアウトを済ませて、シンガポール観光地の2大名所に向かいます!
でも、お天気が今ひとつ・・・。

MRTで移動しましょうとホテルからリトルインディア駅に向かいました。
リトルインディアと言えば、シンガポールで見逃せないスポットじゃない?
と言う事でせっかく来た事だし、ちょこっとリトルインディア散策することに。

b0251742_10213857.jpg

そりゃあそうなんだけど、大勢のインド人!
こんなにたくさんのインド人が一度に視界に入った事ないからちょっとびっくり(笑)
シンガポールって、すごいね!インドがあるんだね!

b0251742_10215419.jpg

そしてカラフルな建物。
商店やお土産屋さんやらたくさんのお店が並んでます。
わー、時間があったらゆっくりみたいのに・・・。

b0251742_1022220.jpg

ちょっと路地に入ってみます。

b0251742_10221544.jpg

野菜が違う!
写真には撮らなかったけど、ニンニクとか生姜が大袋で売られてた。
カレーにたくさん使うんでしょうね。

b0251742_1023898.jpg

素敵なサリー姿の女性とブルーの建物。

b0251742_10235057.jpg

朝ごはんもまだだったので、おなか減ったねと手近な店に入ってみました。
もちろん決め手はテラス席(笑)

b0251742_1022156.jpg

ビリヤニ定食!
グッドルッキングだね~、いいね~、インドっぽいね~!

私、「ビリヤニ」と言うインドの炊き込みご飯をずっと食べてみたかったのですが、
店内の写真にあったので指さしで注文。
カレーは2,3種類から選べるようでチキンに。
おかずも2種類くらい選べたので適当に見た目で決めました。
とにかく指さし!(笑)
メニューも無いから値段もよく分かんないけど、
まあそんなに驚くような値段じゃないだろうと。

ビールと、お汁粉みたいな味がするカモミールジュース?(二口でギブ)、
サモサと卵でS$10くらい?かな?
え、そんな安いの?じゃあ違うかな。よく覚えてない。アハ!

b0251742_10254640.jpg

サモサ。
私の握りこぶしより大きいくらい。中のポテトがホクホクで美味しかったな。

b0251742_10245210.jpg

二日酔いにはカレーだよね!
・・・と言いつつ、AL8%の黒ビールを飲んでる旦那さんだよ・・・。

猛烈にオイシイ!って訳では無かったけど、異国情緒もたっぷり味わえて
面白かったです。

さあお腹もいっぱいになった所で、これから「ラッフルズ・ホテル」に向かいます!
[PR]
by kodehinokanata | 2013-02-28 10:52 | 2013年2月シンガ・カオラック

シンガポールで再会の夜

一晩だけのシンガポールの夜。
シドニーでも大変お世話になって楽しいお酒をたくさん飲んだN夫妻と晩ご飯。
旧正月は駐在先を脱出して旅行や里帰りする人が多い中、
シンガポールに留まってくれていたN夫妻に感謝!

ホテルまで迎えに来てもらって、向かったのは
b0251742_15564094.jpg

クラーク・キー!

お勧めのレストランはことごとく旧正月でお休みだそうで、
気軽にワインでも飲もうじゃないか!と友人夫妻ご近所のお店に行く事に。

b0251742_1556494.jpg

シンガポール川の対岸に連なるパステルカラーの建物。
そして茶色い川(笑)
でもめちゃくちゃ消毒してるそうで蚊は出ないって。どんな情報~(笑)

b0251742_15565790.jpg

陽も暮れてきました。

b0251742_1557493.jpg

まるでアミューズメントパークの様!

b0251742_15571196.jpg

ほとんどのお店がオープンしていた様に思います。
これから夜が始まるって感じ。

b0251742_15571844.jpg

連れて行ってくれたお店は「Wine Connection Tapas Bar & Bistro」。
クラーク・キーを抜けて、ロバートソンウォークと言う所にあります。
世界各国の契約ワインメーカーから直入荷しているそうで、
とってもリーズナブルな世界中のワインがズラリ。
シンガポール全土に系列店を展開している様です。

ちょっと蒸し暑かったけど、
出来るだけ外で過ごしたい私の希望でテラス席にしてもらいました。

b0251742_15572522.jpg

そしてまずはビールで再会を祝しての乾杯!!

b0251742_15573195.jpg

ドラフトビールの種類も豊富でした。
しかも一杯がおっきい!

b0251742_1557373.jpg

おつまみをいろいろ食べつつ・・・

b0251742_15575546.jpg

近況報告&シドニーの思い出話やら話はつきません。

b0251742_1558462.jpg

そして白ワ!

そんで、盛り上がっちゃって、
N夫妻が昨日見つけた美味しいオイスターが頂けるお店で2次会をする事に!

b0251742_15584836.jpg

一軒目から歩いてすぐ(だったと思う)にあるオイスターバー「WHARF」へ。
ロバートソン・キーって所にあるらしい。キーってなんだ。
(「キー」は「Quay」で「波止場」って意味らしいよ)

b0251742_1558416.jpg

日本の企業が運営しているそうで、スタッフも日本の方が何人かいたようです。
内装もオサレ~。
もちろんここでもテラス席で!この時間になったら大分涼しかったです

b0251742_15581279.jpg

こちらモヒートにも力を入れているようで、たっくさんのモヒートメニューが。
まずはモヒートで乾杯。
ちょっと甘いカナ~。

b0251742_15581989.jpg

そ・し・て!生ガキイエイッ!
丁寧に下処理されたその時期に一番美味しい牡蠣が3種類。
小粒ながらもとっても濃厚で、猛烈にオイシイ~ィ~。
アタシ、今回シンガポールで食べた食事でこれが一番美味しかったっす。
盛り付けも美しいね。真ん中のはトリュフオイルだよ。

b0251742_15582679.jpg

あ~んっ!シアワセッ!
・・・そして旦那さんが「いいよ、食べて」と言ってくれたので遠慮なくパクパク!

b0251742_15585513.jpg

やっぱ牡蠣には白ワ!
ウヒウヒウー!!

そして瞬く間に白ワが空き、赤ワで飲みつつ。

b0251742_1559280.jpg

男性陣の手が止まらなかったフレンチフライ。

b0251742_1559958.jpg

たくさんしゃべって、食べて飲んで、本当に楽しい夜になりました!
N夫妻ありがとー!

・・・とこの後酔っ払った勢いでお宅訪問(汗)
しかもお土産で持って行った即席めんを旦那さんが食べてしまうと言う・・・!
アワワ(笑)
後でまた送ります。

そして帰宅はタクシーで。

b0251742_1559181.jpg

気付けば元日。花火的なもの?が搭載された車をみたり、

b0251742_15592686.jpg

シンガポールの夜の街を車窓から眺めてホテルに戻りました。

あー、初日からよく飲んだ。
明日は一日忙しいので、すぐに就寝!
[PR]
by kodehinokanata | 2013-02-27 10:41 | 2013年2月シンガ・カオラック

チャンギ空港からホテル「アルバート・コート」へ

義父母に見せるフォトムービー製作に夢中になっていてブログ放置してしまいました。
ボチボチ再開します!

それにしてもアタシ、この旅行でものすっごくキレイに焼けたんです!
特に前半分。お腹と肩なんてもう鏡見る度ホレボレする色なの~。
でも誰にも見せられないの・・・。
残念(涙)!

===================================
さて、チャンギ空港に到着。

b0251742_1416630.jpg

おお、南国の空の色!

まずは両替です。
¥15000を両替して、S$194.40になりました。
って事はS$1.00=約¥77。

それからシンガポールには1泊だけなので、
一泊分の荷物以外は「Left Baggage」と言う手荷物預かり所にスーツケースを預けました。
ここで注意するのは24時間単位と言う事。
1時間でも遅れたら、2日分かかるのでその辺はよく考えましょう。
ええ、私達は「1時間超過で一日分追加料金を払った」ワケです。
預け荷物の大きさにもよりますが、二つでS$10くらいだったと思います。
この手荷物預かり所は空港内の各ターミナルにある様です。

b0251742_1416831.jpg

ホテルまではタクシーで?それともMRTで?と悩みましたが、
シンガポールの電車にも乗ってみよう!と言う事でMRTで最寄り駅まで向かう事に。
ちなみにこのチケットはプラスチックで出来ていてデポジットです。
降車駅の券売機で「Return deposit」するとS$1.00が返って来ました。

b0251742_14162282.jpg

チャンギ空港駅のホーム。薄暗いです。日本がいかに明るいか痛感します。
大きなファンが回っているのも南国を感じます。

Tanah Merah駅で乗り換えして、Bugis駅まで。
30分くらいで到着です。
ちなみにシンガポールのMRTは飲食絶対禁止だそう。水も飴ちゃんもダメ。
車両の表記は英語・中国語・インド語・イスラム語。
多国籍だな~。
(※路線図、乗り換え、時間等、ここで調べました→「Network Map」)

そしてBugis駅到着。
とりあえずホテルに行って荷物を置いてからお昼ご飯に行こうか~と思っていたら
突然の雨。結構大粒。アララ。傘持ってないし。
と言う事で目に着いたフードコートでお昼を済ませる事にしました。

b0251742_14163638.jpg

Bugis駅近くのホーカーズ「Albert Centre」

シンガポールでは屋台が集まったフードコートの様な所を「ホーカーズ」と言うそうです。
B級グルメが楽しめるホーカーズはシンガポール中にいろいろあるそうで、
時間があれば他の所も行ってみたかったなぁ。

しかも、中華系のお店はほとんど閉まっていて選択肢が少ない!
それでも並んでるお店が美味しいんだろうと旦那さんに並んでもらい、
私は席と飲み物の調達に。

b0251742_14161917.jpg

飲み物はもちろんコレでしょー!
「氷が無いけどいい?」と聞かれたので、普通は氷を入れて飲むスタイルなのかな。

b0251742_14165254.jpg

旦那さんが買ってきてくれたのはチキンライス!
焼いたのと蒸したのの2種類。それとスープ。
もう値段は忘れちゃったけど、数百円だったと思います。
いかにも!なローカルご飯に満足満足。

ここには清掃係の人がいて、
食べ終わった食器を下げたりテーブルを拭いたりしてくれるのですが、
私の座った席の片付けを頼んでテーブルを拭いてもらったけどベッタベタ(笑)
多分、布巾自体がベタベタとお見受けしました。
もっててヨカッタ、ウエットティッシュ!
姑の様に何枚も使って何度も拭きなおしました。
もうちょいきれいにしてくれるとうれしいなと思います。
(※ホーカーズ情報はここで→「シンガポールナビ」)

雨が止んだ隙にホテルへと急いで向かいます。

b0251742_14165128.jpg

シンガポールの公衆電話。
よその国の公衆電話ってなんでこんなに可愛いのかしら。

b0251742_1417573.jpg

正面に見えるのって、もしかしてモスク??

b0251742_158619.jpg

雨があがるととたんに強い日差しが。
屋根があるところを選んで歩きます。

b0251742_1582239.jpg

モスクかと思っていた建物は、なんとホテルでした(笑)
1泊お世話になった「Albert Court」です。
お値段も手ごろだし、MRTのアクセスもよかったのでこのホテルにしました。
それからwifi freeなのも決め手です。日本で借りたwifiはタイでしか使えないので。

部屋の写真を全く撮ってなかったと言う、記録魔の私にはめずらしいミスを!
と言うのも、携帯を海外で使える様にするやり方を調べてこなかった旦那さんの為に
チェックイン後のホテルの部屋で、使える方法を調べまくっていたら
出掛ける時間となってしまったのでした・・・!
あれほど「使い方確認しておくんだよー」と何度も言ったのに!
やっぱりそこまで私が事前に調べておくべきだったか・・・。
ちらっと、調べておこうかなとも思ったけど、ううん、やりすぎやりすぎ!と思ったのよね。
結局、夜の予定までにラッフルズホテルかマーライオンどっちかいっとこ!
と言う予定は「携帯を使えるようにする」と言う一大作業でつぶれてしまったのでした。

docomoユーザーのみなさま、海外で携帯を使いたい時は
出国前に「ドコモ海外利用」アプリをダウンロードしておくだよ!
海外でダウンロードすると超メンドー(だった)よ!

記憶に残っているホテルのアメニティは、ドライヤーとアイロン。
アイロン、結構あるとうれしいんだよね。

b0251742_153651100.jpg

ホテルのエントランス。

b0251742_1583032.jpg

アラブ人街にあるこちらのホテルはちょっとエキゾチックな雰囲気でした。

b0251742_1583830.jpg

ホテルの前には数軒のレストランやカフェが。
雰囲気もよさそうだったので、何日か滞在するならぜひ行ってみたかったな。

ホテルの周りをちょこっと散策。
b0251742_15383927.jpg
b0251742_15384885.jpg

b0251742_1539989.jpg
b0251742_15391738.jpg
b0251742_15392667.jpg


近くにはセブンイレブンもありました。
異国情緒が味わえて、よいホテルだったな。

この後はシンガポール在住の友人夫妻とお食事に出かけます。
[PR]
by kodehinokanata | 2013-02-26 15:44 | 2013年2月シンガ・カオラック

2013年2月 シンガポールとカオラック 「プロローグと出発」

7泊9日のバカンスから帰って来ました。
初めてのシンガポール、初めてのカオラック!
シンガポール(1泊)は刺激的に、カオラック(6泊)ではひたすらのんびり過ごしました。
一応、今回の旅の名目は「結婚10周年記念旅行」です。
とってつけたようだけど!(笑)
思い返せば5年目の結婚記念日もタイのプーケットで過ごしている私達。
これは行くしかないな!と。
それにしても、楽しかったナー。ますますタイが好きになりました。

さてそれでは、いつものごとく長~い旅行記になると思いますが、
ぼちぼちお付き合いくださいませ。

=================================

「プロローグ」

去年の秋も終わる頃。
旦那さんが、「俺、今年もう残業も休日出勤も出来ないんだー」と。
昨今、メンタル的な意味も含めて、過度の残業を厳しく取り締まっている(笑)そうで。

「じゃあさ、じゃあさ、今年度中のお休みなら取りやすいんじゃない?」
「今年は結婚10周年だよ。9月になったら行けるかどうか分からないし、今じゃない?!」
「旅行行こうよ!乾期のタイに行こうよ!アタシ、カオラックに行きたいの!」
「ホラ、エアチケットはこのぐらいの値段だよ。タイ料理好きだよね?本も読めるよ!」
「え?!世界有数のダイビングスポットだって!海きれいだよ!」
「ねえねえ、イイよね?早くスケジュール決めて、休み申請して!」

と言う(一方的な)やりとりを×何度もし続けて、
2月の連休部分を絡めて9日間の休暇をGETしてもらいました。
この「旦那さんの休み」と言うのがイチバン大きな難関なのです。

お休みを取ってもらったら、出発までの一切の準備は私の担当です。
フライトスケジュールを調べて、エアチケットの手配。
ホテルを比較検討しつつ予約。
しかし、丁度旧正月に当たるこの時期、ホテルが特に取りにくかった・・・。
保険に入って、現地情報(レストラン等)を調べて、こまごました物を揃えて。
今回はパッキングにこだわったので、
どうしたら荷物を最小限に出来るかを出発前の1週間ずっと考えてました(笑)

まず、エアチケットを調べてみると、
時間的にも値段的にもシンガポール経由がなかなかよさそう。
私、シンガポール行ったこと無いし、チャンギ空港見てみたい!
じゃあシンガポール経由で。
ん?待てよ、シンガポールにはシドニーでお世話になったN夫妻が住んでるよね。
会いたいね。
と言うわけで周遊チケットで探してみると、
シンガポールで一日遊べて夕ご飯タイムまでにはカオラックに到着出来るフライト発見!
ちょっと日本初の時間が問題だけど(汗)、値段もお得だしこれにしよ!
とエアチケットは決定。
思いがけずシンガポールに一泊できる事になってお得な気分です。

出発の三日前にパスポートをどこにしまったか忘れると言うアクシデントがあったり
しましたがなんとか(見つかったけど、マジで吐きそうになったわ)
準備も整い、いざ出発。


「羽田空港へ出発」

今回のエアチケット、シンガポール立ち寄りも出来て諸経費込みで¥85000/人ほど。
安い!・・・のには訳があるのです。
それは、「羽田発6:35のフライト」と言う事。

2時間前、最低でも1時間半前にチェックインを済ませるには
AM5:00には羽田に到着してなきゃいけないわけで、
その時間はまだ始発電車も動いていないわけで。

情報収集をしてみると解決策としては、

1. 終電で空港入りし、ベンチ等で時間をつぶす。
2. 近くのホテルに前泊する。
3. タクシーを利用する。

金銭的なことを考えると、1が一番安価だけど、ほぼ徹夜って事だし疲れそう・・・。
2は移動が面倒だし、結局タクシー代とあんまり変わらないんじゃ?
と言う事で、エアチケット代が安く済んだ事だし、タクシーで羽田に向かう事になりました。

タクシーも調べてみると「羽田定額」や「成田定額」などあるんですね。
大体¥12000+高速代が相場の様なのですが、
「深夜料金無し、(板橋区発)¥8000+高速代」と言う激安のエコタクシーと言う会社を発見。
ちょっと不安だったけど、ものは試し・・・とお願いしてみる事にしました。

そして出発前夜の金曜の夜。
少し余裕を見て、3時半にタクシーのお迎えを頼んでおいたので、
仮眠を取るべく9時過ぎに布団に入る私。
そしてなんとこの夜、旦那さんは休み前の仕事調整ラストスパートで
私が起き出す時間にタクシーで帰宅したのでした!
ここのところ、いつも旅行に出発する前日は午前様まで仕事をしてタクシーで帰宅。
寝ないで出発と言うスタイル。
旅行日程なんて何ヵ月も前に分かってるのに、なんで前日に限って・・・ブツブツ。

身支度を整えて、タクシーに乗り込みます。
運転手さんは疲れたおじさん(笑)まあ、深夜3時半じゃ誰でも疲れてるよね。
そしてタクシーは走り出すのですが、カーナビはあるものの運転手さん道が分からない様子。
私達も運転しないので一方通行の通りとかかなり不慣れなのですが、
なんとか大通りまで案内。
その後も運転手さん、「あ~、もうこのカーナビ全然ダメなんだよな・・・」
「アレ?あれ?」の連発。
どうやら、地図を確認することすらしていなかった様で。
激安の原因、ここにありか!となんだか納得したのですがそんなことも言ってられず。
「運転手さん!遠回りでもいいから、ナビの通り行きましょう!」と安心させ
なんとか高速に乗る事に成功。

その後ガラ空きの高速をすすむわけですが、
運転が荒いの・・・。しかも運転しながら「・・・っ!あぶねー」とかつぶやくの!
怖い、怖いよう!
もう、ここでタクシーをお願いする事は無いな。
たった数千円でこんなに不安で怖い思いをするなんて勘弁だわ!

ちなみにちょっと迷った分も含めても45分ほどで羽田に到着しました。
深夜だと道が空いてるから早いですね。
それにしてもあの運転手さん、タイのドライバーさんよりずっとずっと乱暴な運転だったのよ!
あー、コワ。

出発前にいらない緊張で若干疲れましたが(笑)
空港でレンタルのwifiを受け取って、ダウンジャケットを脱いでスーツケースに押し込んで
チェックイン→イミグレと無事に進みほぼ定刻に飛行機は飛び立ちました。

b0251742_12131670.jpg

まだ外は暗い、AM4:30の羽田空港。

b0251742_12125061.jpg

ゲートオープンまで寝てる人・・・

そうそう。
今回wifiを日本でレンタルして行きました。
カオラックでのホテルは2軒ともwifiが有料で1時間300BTHと高額だったので
保険も込みで一日¥1000くらいの「イモトwifi」を借りてみました。
タイに強いそうです。
うん、彼女が世界各国で使っているなら電波も強そう!
一応使えるエリアマップもサイトで確認出来ますが、
カオラックが微妙だったのでカスタマーセンターに問い合わせると
「現在3名の方が使用されています」との事だったので、試してみるか!
とレンタルしたのですが、我が家のポータブルwifiより強いくらいの電波でした(笑)


= memo =

● エアチケット手配・・・「skaygate」
● ホテル手配・・・「skaygate」&「Agoda」
● 海外旅行保険・・・「三井住友海上」
● 羽田定額タクシー・・・「エコシステム」
● wifiレンタル・・・「イモトwifi」


「機内にて」

b0251742_1556293.jpg

一発目のタイガービアー!

シンハー好きの旦那さんは「シンハービールありますか?」と聞いていたぜ(汗)
これシンガポール航空だし、シンガポール行きの飛行機だぜ?
シンハーは明日以降、嫌と言うほど飲んでください(実際飲んだ)。

機内食は朝食(和洋)、ナッツ&ドリンク、昼食と出ました。
座ってるだけなのにそんなに食べられないよう。
シンガポールで食べたいし、お昼はパスしました。

旦那さんの隣に座っていたインド系の男性。
朝食メニューの事でFAさんに何やら話していて、
私は勝手に「ベジタリアンメニューが欲しいのかな~」と解釈していたのですが、
隣で話が聞こえた旦那さんいわく
「こんなもんしかないのか!俺はどっちも食べたくない。カップ麺とか無いのか?」と
クレームを付けていたらしい。

うとうとしていたら、ぽわ~んとカップ焼きそばの香りがしたと思ったら
そのインド人男性がカップ麺食べてたww。アタシもそっちのがいいわ~。
いろんな人がいるなぁと日本を出た事を実感した瞬間でした。

b0251742_12134146.jpg

ちなみにこちらが機内食の朝ごはん(和食)。

う、うん、確かにそそられない見た目だよね。
おにぎりとかのがいいな!

b0251742_12135885.jpg

こちらは洋食。
この四角いオムレツ、何気に結構美味しかったです。


そして飛行機の中で観た映画は「のぼうの城」。
すっごく面白かった!レッドクリフ越えなんじゃない?!
嗚咽をもらしながら映画に見入る私を見る、旦那さんの冷ややかな目線を感じつつ
7時間半のフライトでシンガポールはチャンギ空港に到着です。
[PR]
by kodehinokanata | 2013-02-19 16:16 | 2013年2月シンガ・カオラック


コデヒの日々を記録します


by kodehinokanata

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
家メシ
家酒
居酒屋・バー
和食
洋食
イタリアン&フレンチ
中華
焼き肉・焼き鳥・その他肉
エスニック&カレー
韓国料理
麺類
ファストフード
スイーツ・パン
カフェ・喫茶店
映画・美術展・観劇・音楽・本
お出かけ(東京&東京近郊)
お出かけ(葉山)
里帰り
着物
写真
お買い物
頂きもの
つぶやき・日々のこと
2012年8月台北旅行
2012年12月甲府・勝沼旅
2013年2月シンガ・カオラック
2013年6月東京案内
2013年8月水戸&笠間へ
2013年9月松本ひとり旅
2013年10月東京‐栃木自転車旅
2013年12月友を訪ねて上海へ
2014年1月ヨロシク、バンコク
2014年6月安曇野旅
2014年7月山形庄内旅
2014年11月秋田旅行
2015年1月山形旅行
未分類

最新の記事

ご無沙汰してます、元気です!
at 2015-06-17 16:04
最終日
at 2015-05-26 23:06
今日から東京!
at 2015-04-19 10:52
目黒「韓菜園 本家 Ponga」
at 2015-04-11 16:52
有楽町「6th by ORI..
at 2015-04-09 18:34

以前の記事

2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧