カテゴリ:2012年12月甲府・勝沼旅( 12 )

甲府・勝沼旅行記/3日目 「慶千庵でランチ、帰途へ」

振り返ってみたら「ワイナリーめぐり」と言うほどめぐってない事に気付きました(笑)
まあでも蒼龍、メルシャンと行ったからそれでめぐった事にしましょ。

さて、今回の旅行の地で最後の食事となるランチ。
勝沼と言えば「ほうとうの皆吉」に旦那さんを連れて行きたい所ですが、
この日は週末。混んでて待ちになったらどんどん帰りが遅くなるしなあと
前日に歩いて見かけた川口園近くのほうとうのお店「慶千庵」に行ってみる事にしました。

b0251742_12295938.jpg

通りに面した門をくぐり、素敵なお庭を抜けてお店へ。

b0251742_12303649.jpg

お屋敷の様な入口です。
こちらのお店は、2012年の夏にオープンしたばかりだそうです。

b0251742_12592154.jpg

(お店のブログから画像をお借りしました)

お屋敷をお店に改装したしつらえで、広々としたたたきで靴を脱ぎ、
お庭が眺められる縁側のテーブル席に座りました。
が、シーズンオフだからか、客は私達だけ・・・。ちょっと寒かったです(笑)

b0251742_12301814.jpg

旦那さんは「肉ほうとう/¥1300」を。

お味噌も自家製だそうです。
皆吉と比べるとあっさり目な感じ。・・・お肉もちょっと少ない?

b0251742_12305082.jpg

私は鍋焼きうどん。¥1000だったかな??

素敵なしつらえのお店ではありますが、
私個人の感想では、温かみやメニューの豊富さで皆吉に軍配があがるかな。

b0251742_12304780.jpg

さて、お腹も温まったし最後の目的地「ダイヤモンド酒造」を目指します。

b0251742_12312860.jpg

ぶどう畑の中を抜けて行くルート。

b0251742_12311781.jpg

マンホールもぶどう!しかも色つきでカワイイ。

b0251742_12321855.jpg

そして到着!
こちらではワインビネガーと以前飲んで美味しかったワインを買う予定・・・でした。
もう帰るだけだから荷物が増えても平気!と意気込んでいたのです。

b0251742_12315816.jpg

しかし、まーさーかーの、お昼休憩!オウノウ!

この時点で12時を少し過ぎたばかり。
時間をつぶす場所もなく、もうあちこち移動する気力もない。
と言うわけで、諦めて勝沼を後にする事にしました。

b0251742_12323470.jpg

そして、駅までのルートを調べてみると、こんな感じ。
40分?歩けるじゃん?!ヨシッ!

・・・と意気込んで出発したのも付かぬ間、気付きました。
ここが盆地だと言う事に・・・。
ゆるい坂道をトコトコトコトコ進むのです。結構ハードです。無口になります(笑)
でも立ち止まれません。こうなったら歩いてやるぜ!

歩くたびに見降ろして行くぶどう畑を感じながら歩ききりました。
身をもってアドバイスです。
行きはともかく、帰りはタクシーに乗るべし!

電車は時刻通りに運行。
トンネルの事故は電車には影響していませんでしたが、
この辺りの電車も山の中をくぐる事が多いので、ちょっと怖かったです。

b0251742_12334221.jpg

この日の夜は早速こっそり買った油揚げを食卓に出し、
写真を鑑賞しながら旅の思い出に浸りました。

そして、あんまりワイナリーに興味を持っていない様だった旦那さんに
恐る恐る「もしかして、ワイン興味ない?」と聞いてみると
「最近無いんだよねー」と
今回の旅行の目的を根底からひっくり返す衝撃の一言が!
「でも馬刺し食べれたから!」ってさ。じゃあいいか。いいのか。いいか。

さて、長くなりましたが、これで(やっと)甲府勝沼旅行記は終了です。
また来年、今度は緑色のぶどう畑を見に行きたいな~と思っています。
その時こそダイヤモンド酒造、リベンジですっ。

長々とお付き合いありがとうございました。

よしっ、今度は台北旅行記だぁ~
[PR]
by kodehinokanata | 2012-12-25 13:21 | 2012年12月甲府・勝沼旅

甲府・勝沼旅行記/3日目 「勝沼朝市からワイナリーめぐり」

三連休、ろくにパソコンに近づく事が出来なかった・・・。
旦那さんのいる週末は何かと忙しいんだな。

さて、甲府・勝沼旅行最終日。
お宿の朝ごはんを頂きます。

b0251742_1230753.jpg

昨夜と同じ席。
朝日の射しこむ大きな窓が気持ちよいです。

b0251742_12301388.jpg

朝ごはんはこんな感じ。
お家っぽいメニューですが、納豆には刻んだ山芋が添えられていたりと
ひと手間が感じられました。

b0251742_12301937.jpg

アツアツのお味噌汁!沁みる!シズル感出てる?
お茶、ご飯は昨夜同様セルフです。
コーヒーは有料で¥350だったかな?
一泊目のお宿もこちらのお宿もコーヒーが有料なのがちと残念です。

お宿を出た後に飲めばいっかぁと、早めにチェックアウトしました。
お世話になりました!

そして帰り支度をしている時にTVで笹子トンネルの崩落事故を知ったのでした。

b0251742_12303693.jpg

早めにチェックアウトした訳は、ここに来たかったから!

月に一度、第一日曜日に開かれる勝沼の朝市。
いいタイミングで今回の旅に訪れる事が出来ました。市場大好き!

b0251742_12304947.jpg

お宿の人も言っていたのですが、
「市場」と言うよりも「フリーマーケット」みたいな感じです。
地元のお野菜、手作りの食品、衣類、骨董、アクセサリーなどなどのお店が
ズラリと並んでました。

新鮮お野菜の中でもトマトが美味しそうで安かったのに、
「(荷物が重いから)もう勘弁!」と旦那さんにNGを出され見るだけ・・・。

b0251742_12305674.jpg

でも炭火で焼かれた焼き立てのおまんじゅうはその場で消費するからOK!
ホカホカで香ばしくて美味しい~。

b0251742_1231291.jpg

この朝市は、シャトレーゼ勝沼ワイナリーの広い敷地で開かれます。
川口園から徒歩3分ほどでした。
こっそり(?)、塩山市で作られたお揚げとおからを購入して朝市を後にします。

勝沼朝市の詳しい情報はこちら→「勝沼朝市

b0251742_12312685.jpg

川口園の近くはワイナリーが密集しているので、徒歩で結構回れます。
蒼龍をちょこっと覗いて(もちろん荷物が多く、買えず。と言うか2週間前に結構買ったからね。)
シャトーメルシャンのワインショップに立ち寄りました。

写真はお隣の「宮光園」。
ワイン醸造や観光葡萄園に関する資料館の様です。有料。
ちょっと気になったけど、まあ次回にします。

b0251742_12343137.jpg

ワインショップ向かいにあるシャトーメルシャンのワイン資料館は
そのままふらりと入れます。無料。

昔、まだ手作業でワインを製造していた頃の道具などが展示されているのですが
結構面白かったです。
説明するスタッフの人はいないので、自由にどうぞ~な感じも気楽でいい。

b0251742_12342531.jpg

でもメンテナンスもきちんとしていて、さすが大手メルシャン!と言ったかんじでした。

b0251742_1235241.jpg

照明もレトロです。

b0251742_12351192.jpg

ぶどうを入れてた木箱や、

b0251742_1235451.jpg

ぶどうの葉の種類を手書きで記録したものがあったり。

b0251742_12353640.jpg

当時の広告。
この算数の問題の様な文章、笑っちゃいました~
旦那さん曰く、「社内プレゼンの様だ」と。

この資料館、結構お勧めです。
メルシャンを訪れたら、ぜひ。

b0251742_12364020.jpg

さて、コーヒーでも飲もうかね~と入ったワインショップのカフェですが、
やっぱりせっかくだからとワインの試飲。
「あわ」が入っているこちらの飲み比べセットにしてみました。

こちらの試飲は有料ですが、ゆっくり席で座って飲めるし説明書きがもらえるのもうれしい。
さらに、お勧めワインの試飲がサービスで頂けます。

b0251742_12362038.jpg

今日は寒いので店内で。

b0251742_12365432.jpg

結局コーヒーは飲まず。

飲み比べセット以外にも、たくさんの種類のワインを試飲(有料)する事が出来ます。
軽食もあるし何か買って帰らなきゃと言うプレッシャーもなく試飲出来るので
気楽にいろんなワインを楽しめる上にゆっくり座れるからお勧めのワインショップです。

そうこうしている間にお昼に。
ここでランチを頂いても良かったのだけど、ここまで来たらほうとう食べようかと言う事で
前日に見かけたお店に行ってみる事になりました。
[PR]
by kodehinokanata | 2012-12-25 11:58 | 2012年12月甲府・勝沼旅

甲府・勝沼旅行記/2日目 「ワイン民宿 川口園」

甲斐ワイナリーを後にして、この日のお宿「ワイン民宿 川口園」へ向かいます。
宿泊施設が少ない勝沼ですが、
いろいろ調べてみると川口園の評判はとっても良く人気のお宿で
ぶどう狩りシーズンには予約が取りにくいらしいのですが、
シーズンオフの勝沼。土曜日なのに予約が取れました。やったー。

b0251742_16504329.jpg

甲斐ワイナリーからはこんな感じ。
約4kmです。が、平らな道ではありません。坂道も結構あります。
そして西日。太陽は体力を奪いますからね、結構疲れました~。

b0251742_1651171.jpg

さあ、歩くかね。

b0251742_16514222.jpg

西日が射す中、一面に広がるぶどう棚を見ながら進みます。
が、紅葉ももう終わりかけ。カリカリに枯れた感じの葉っぱがなんとも寂しい。
ああ、もうちょい早かったら本当にきれいだったのになぁ。旦那さんに見せたかったわ。

b0251742_16515099.jpg

とは言え、ちらほらぶどうが残ってました。
青空との対比がキレイ。

b0251742_16515659.jpg

こんな看板も!
だからかな、勝沼では番犬として外でお仕事しているワンちゃんを多く見ました。
みんなきりっとした顔で見慣れない人(私達)に吠えてきます。
うんうん、そうじゃなきゃね!番犬だものね!御苦労さま!

b0251742_16521131.jpg

私は地元のスーパー大好き!なのでちょこっと立ち寄ってみました。
看板がぶどうだ!

山梨のスーパーは「ひうが」と「オギノ」が大手の様です。
荷物が重いので見るだけでしたが、ワインコーナーは勝沼ワインがずらりでした。

b0251742_17165190.jpg

通りかかったぶどう園。まだ店頭販売はしている様でした。
しかしこの車庫の屋根の様になってるぶどう棚すごいな!
そしてこのぶどうは食用なのかしら?

b0251742_16522028.jpg

さて、やっとお宿に到着です。
この日は歩いたなー。でも約10kmかぁ。
距離としてはそんなにないけど、荷物持って歩いたからかな。さすがに疲れました。

b0251742_16523281.jpg

やっぱり車庫のルーフになっている(?)ぶどう棚をくぐりぬけた先にお宿があります。

b0251742_16523830.jpg

チェックインを済ませ、お部屋に。
とっても清潔で温かみのあるお部屋です。
このお布団もふかふか、寝心地満点のベットでした。
(ちなみに前夜の旅館はせんべい布団で朝体が痛かったの・・・)

b0251742_16524496.jpg

奥さまの手作りなのかな。
カワイイカバーの長座布団とクッション。この向かいに小さいけどTVもあります。

b0251742_16525866.jpg

ベランダからの景色。
夕暮れに近づく勝沼のぶどう棚。キレイ~

b0251742_1653916.jpg

写真で伝わるといいのですが、夕暮れとともに空気が澄んでくる気がします。

b0251742_16531794.jpg

遠くには山々が。

「民宿」と謳っていますが、洋風なので「ペンション」ですね。
お茶などは一階に用意されている給湯スペースに
湯飲みや急須、茶葉が用意されているのでセルフで。
ビールも同じ所の冷蔵庫の中に入っているので、自己申告でセルフでした。

b0251742_16533450.jpg

さて、食事の時間。
1階のレストランで頂きます。

メニューは鉄板焼きでした。
前夜とそことなく被った内容に若干がっかりしましたが、それは自分達の問題なので。

b0251742_16534315.jpg

油をひかなくても焦げないヘルシーな鉄板で焼いてもらいます。旦那さんに(笑)

b0251742_16535411.jpg

お宿特製のタレで頂きました。
そうしてると次々といろんなメニューが出てきます。

b0251742_16543298.jpg

牡蠣入り茶碗蒸しに、

b0251742_16544253.jpg

新鮮野菜のサラダ&お刺身のカルパッチョ、

b0251742_16551073.jpg

ヤマメの塩焼き、

b0251742_16551755.jpg

お漬物に、

b0251742_16552551.jpg

一口ほうとう、

b0251742_16553179.jpg

しめのデザート。

どれもこれも丁寧に作って頂いた感満載の愛情深いお味でした。
そしてお野菜が美味しい!
「料理は愛情!」って言うけど、愛情が入ってるかどうかって分かるもんですね、うん。
ご飯、お茶などはセルフですが、全く問題なーい!

b0251742_16541651.jpg

お飲み物は、旦那さんは「甲斐ビール/¥800くらいかな?」

b0251742_16542490.jpg

私はめずらしく赤ワイン。

ワインもいろいろ種類がありましたが、
こちら川口園さんのぶどうを使って近くのワイナリー「東夢」さんで作ったワインだそう。
数量限定とのことで、せっかく勝沼に来ているし
白好きな私ですが、なかなか飲めないこちらにしました。

ベリーAと言う品種は「マスカット・ベリーA」と言うそうで、
日本のワインの父と言われる川上善兵衛氏が交配して作った品種だそうです。
欧米の赤ワインに使用するぶどうとは違い、そのまま生で食べても美味しい事なのですが
それをワインにしたのでぶどうそのものの香りが華やかに感じられるワインな気がします。
特にこの夜に飲んだこのワインは、微炭酸が感じられてなんとも美味しい!
国産ワインの赤によくある嫌な感じのえぐみとか酸味がなくフレッシュで飲みやすかったです。
スキスキ~。
宿の人いわく、偶然に微炭酸になったのだとか。わあ、ホントラッキーだわあ。

しかし「東夢」さん、今までノーマークだったけど、
今度はぜひとも訪れてみたいワイナリーです。
お取り寄せしてみようかな。

夕食時に飲みきれなかったワインはお部屋に持ち帰れます。
もちろんワイングラスとちょこっとおつまみも出してくれます。
そうそう、そうよね~。

b0251742_16554185.jpg

めちゃイケスペシャルを見ながら二次会。
わさびむーちょがあるのは、、、ホントすんません。これだけ持ち込みました・・・。

お風呂は一階にあり、空いている時に使用できます。
広くてきれいな循環風呂でした。脱衣所に電気ストーブがある心配りもありがたい。
確か夜は11時まで、朝は6時から??かな使用出来ました。

そうそう、このお宿、お風呂は共同(二つありました)ですがお部屋にトイレがついてます。
すっごくうれしい~。
アメニティは最小限で小さいタオルとハブラシ、ドライヤーのみでしたが、
浴衣やバスタオルは¥200とかで借りられる様です。

清潔で温かなトイレつきのお部屋、丁寧に作られた新鮮な食事、
さりげないおもてなしの心づかい、これで一泊二食でなんと¥7100/人なんですヨ!
ま、まじで!!
それは人気があるわけだわ~。

大満足の気分でこの夜は就寝。
明日はいよいよ短い旅も終りです。
[PR]
by kodehinokanata | 2012-12-20 18:24 | 2012年12月甲府・勝沼旅

甲府・勝沼旅行記/2日目 「万力公園から甲斐ワイナリーへ」

一時間、ノンストップで歩き続けて若干疲れてはいたのですが
万力公園に立ち寄ってみる事に。
管理事務所辺りでソフトクリームが食べられるらしいと言う情報をつかんでいたのです。

b0251742_21355183.jpg

すごくいいお天気だったのですが、実は強風。

b0251742_21361052.jpg

バトミントンに挑戦する家族が何組かありましたが、強風で断念したようで
凧揚げに興じてました。ぐんぐんあがってました~。

b0251742_21362175.jpg

・・・残念ながらソフトクリームは販売されていなかった様で(時期が悪かったのかな)
少し公園内をぶらぶらする事にしました。
すると立派なフラミンゴが!
その隣には孔雀や白鳥も。孔雀の餌に群がる雀がまるまると太ってた(笑)

公園の案内図を見てみるとミニ動物園があるそうで向かってみると、

b0251742_21363257.jpg

たくさんの鹿!

b0251742_21365486.jpg

ニワトリとか、

b0251742_2137424.jpg

鹿!

へえ~これが動物園かと思っていたら、違いました。
ちゃんとゲートがあり、そこをくぐると本当にいろんな小動物がたくさん。
しかも無料!
山梨市、すごいな。

b0251742_21371539.jpg

一番印象に残ったのは、お風呂から出られない(寒いから)カピパラ!
カワイイ~。

無料だけど、結構楽しめます。
楽しませてもらったので、少しばかり募金箱に寄付してきました。

万力公園はとっても広くて、人が少なくて気持ちのいい公園でした。
BBQが出来たり、夏はホタルが見られたりするみたいです。
こんな公園のある近くに住みたいわ~
もっとゆっくり見たかったけど時間も無いので後ろ髪をひかれつつ公園を後にする事に。

b0251742_21372736.jpg

さあ、山梨市駅まで歩きましょ。

b0251742_21373969.jpg

てくてく。

b0251742_21374534.jpg

てくてく。
・・・ホント後ろ振り向かないなー(笑)

b0251742_2233429.jpg

山梨市駅までは歩いて10分くらいかな。
駅前にはこんなモニュメントが。
甲斐の八珍果「モモ、ブドウ、リンゴ、ナシ、カキ、クリ、ザクロ、ギンナン(またはクルミ)」
を表しているそうです。

b0251742_21375687.jpg

おじいちゃんとおばあちゃんと一緒にそれを見上げる旦那さん(笑)

b0251742_2138394.jpg

山梨駅の外観はこんな感じです。

b0251742_21381164.jpg

次は塩山駅に向かいます。

山梨市駅から二駅目、6分ほどで塩山駅到着。
お腹も減ったしお昼ご飯~と思い駅周りを見渡してもピンと来るお店もなく、
次の目的地に向かう途中にどこか美味しそうなお店があったら入ろうと歩きだしました。
目指すは「甲斐ワイナリー」です。

b0251742_22151119.jpg

残念ながらご飯を食べれそうなお店も無く、スマホ地図を頼りにとぼとぼ歩きます。
ふと干し柿を吊るしているお家が。なんかいいなー、こうゆう雰囲気。

b0251742_18261767.jpg

地図的にはざっくりこんな感じ。
15分ほど歩くと甲斐ワイナリーに到着しました。

途中でお昼にありつけなかった旦那さんは不満げですが、いいのいいの!
ここのカフェ「古壺」で美味しいものを頂きましょ~(確信犯?ウシシ)

b0251742_22172830.jpg

こちらはワインを販売している母屋の方。

b0251742_22175464.jpg

お隣に「古壺」があります。
ランチは15時まで。

b0251742_22185626.jpg

店内はこんな感じ。

b0251742_22194982.jpg

私はランチセットから「ホットサンド(カップスープ・コーヒー付き)/¥1050」
アツアツサクサクのホットサンド、コーンスープが沁みます。美味しい。

b0251742_2220417.jpg

旦那さんはランチセットより「厚切り生ハム(パン・コーヒ付き)/¥1600」を。
正直、お高いな~と思ったのですが(笑)、この生ハムのなんと美味しい事よ!
ハムじゃない。でも生肉でもない。ただただずっと噛んでいたい(笑)
自家製ですかと尋ねると、
オーナーの知り合いが北陸で作っているものを取り寄せているとか。
出所を知りたい・・・また食べたい~!

b0251742_221983.jpg

そしてこちらのカフェでしか頂くことの出来ないと言うワインもボトルで注文。
「古壺甲州2011/¥1800」
ワイナリー直営カフェなので、定価です。うれし~。

このワインは、旨みと香りを最大限に味わうことの出来るように熱殺菌も行わず
無ろ過で瓶詰めしているそう。なのでお持ち帰りも出来ないようです。

b0251742_22194129.jpg

ふわっとした香りにほどよい酸味、きりっとした飲み口。
生ハムにあーうーぞー。
旦那さんは余り白ワインを飲まないので、
私一人で一本いけるかしら?とちょっと心配しましたが
旦那さんも美味しいと喜んでくれて、さらっと一本空きました。

ああ、ここまた来て生ハム×古壺甲州で飲みたいわー。
予約すればコースも頂けるそうなので、ワイナリーめぐりを古壺で締めて、
塩山から東京に帰る。もしくは勝沼で一泊もありだわー。

b0251742_22204160.jpg

さて、ではそろそろワインショップの方に行ってみましょう。
そんなに種類は多くないのかな?そして誰もいない。

b0251742_22205499.jpg

ワインショップは蔵の様な作りになっている様です。
素敵な趣のある歴史を感じる建物だな~と思っていたら、
なんと1834年創業、国有録有形文化財に認定されているそうです。
武田家より賜った御朱印状が伝わっているとか!

だれかいないかな~とうろうろしていたらお店の方が出てきてくれました。
お勧めワインをさくっと飲み、即決。

b0251742_18533691.jpg

「かざま甲州SurLie2011/¥2000 」

好き!と思うワインってやっぱり一口目でピンと来るんですよね。
開けるのがとっても楽しみな一本です。

b0251742_2221364.jpg

レジ、もといレジスターも歴史を感じるぅ~。

先ほどの古壺同様、この母屋の2階も予約をすると春秋限定ですが松花堂弁当
を頂けるそうです。
お座敷からお庭を眺めながらのんびり美味しいお弁当とワイン。。。
捨てがたい。

こちらのワイナリー、サイトやブログの写真もとっても素敵です。
勝沼(塩山だけど)に来たら、必ず訪れたいワイナリーの一つになりました!
生ハムゥゥゥ~!!←そこ?!

では、この後はこの日のお宿、ワイン民宿「川口園」に向かいます。
もちろん徒歩でネ!
[PR]
by kodehinokanata | 2012-12-19 19:03 | 2012年12月甲府・勝沼旅

甲府・勝沼旅行記/2日目 「旅館出発、笛吹川散歩」

翌朝。
朝風呂に入り
(朝日の降り注ぐ露天風呂の気持ちよいことったら!そしてもちろん貸切~)、
朝ごはんの時間。
昨夜の囲炉裏があるお部屋で朝食です。

b0251742_13102465.jpg

こんな感じで既にセットされてました。

b0251742_13103661.jpg

残りのおかずはバイキング形式。
・・・ラップくらい外した方がいいと思うけどね~。

10時に旅館から駅までのシャトルバスが出ますがどうしますか?と仲居さんから。
私達は笛吹川沿いを歩いてみたいので結構です~と。

食事後お部屋で少しゆっくりして出発の支度をして、
10時のチェックアウト少し前にフロントへ行くとちょうどバスが出発したようでした。

チェックアウトを済ませて(ちなみにカード不可)、やっぱりコーヒーが飲みたいねぇと
フロント前の喫茶スペースでコーヒーを飲んでから出発する事にしました。

b0251742_13111544.jpg

気持ちのいい陽光が広がる喫茶スペース。
吹き抜けでとてもくつろげる空間でした~。

b0251742_13112842.jpg

手書きのメニュー。カワイイ。

b0251742_1311414.jpg

フロントの女性が淹れてくれたコーヒー。¥350だったかな?
美味しかったです。

b0251742_13115395.jpg

さてとそろそろ出発しますか。

と、周りを見回しても従業員の方は誰もおらず。
・・・まあ、あえて声かけなくてもいいか~と無人のロビーを抜け旅館を後にしました。
気付いた女将が慌てて外に走り出てお見送りしてくれましたが。
うむむ、お出迎えとお見送り。最初と最後がこれってちょっと残念です。

お値段もとても気軽だし、旅館もお風呂も広々していてのんびり出来るお宿です。
が、スタッフの方がなんとなくみんな決められた仕事をこなすのみ。みたいな。
いや、感じは皆さんいいんですよ(最初の男性を除いてはネ)。
でもあんまり「おもてなしをうける」と言う感じでは無かったです。

私達の様に夫婦二人でのんびりと言うよりは、
家族やお友達とワイワイしたい場合にはいいお宿だと思います。

さて、旅館のすぐ脇を流れる笛吹川に出て山梨市駅辺りまで川沿いを歩きます!
笛吹川は「日本三大急流の富士川水系の一級河川」だそうです。
以前訪れた安曇野の渓流散歩できれいな川が俄然大好きになった私達。
せっかくいい川があるんだから川沿いを歩こうぜ~!との事で決行と相成りました。

b0251742_14582084.jpg

exciteブログはgooglemapが張り付けられないのね!不便~(>_<)
スマホアプリの画像貼りつけました。

もっと川沿いを歩いてますが、ルートはほとんどこんな感じ。
今グーグルマップで改めてみたら、4.3km/56分だって!
結構歩いたな~

b0251742_1532896.jpg

川=石投げ=男子の構図。

b0251742_153138.jpg

でも実際は川が見えない・・・。

b0251742_1541296.jpg

とりあえず歩いてみましょう。

b0251742_1543578.jpg

トコトコ。

b0251742_1544345.jpg

トコトコ。

b0251742_1563531.jpg

おお、やっと川沿いっぽくなってきた!やたー。

b0251742_1562192.jpg

そうそう、こんな感じこんな感じ。これを望んでいたのです。

b0251742_157161.jpg

iphoneで撮影したけど、こんなキレイな写真が撮れた~。

b0251742_1573780.jpg

さすが(?)富士川水系水がきれいで気持ちいい。

b0251742_157518.jpg

最近渓流がたまらなく好きです。私達には浄化作用があるみたい。

b0251742_158546.jpg

川沿いを歩いたり、いくつかの橋を渡ったりくぐったり降りたり。
橋の上から桃の木を見降ろすと、根っこを保護する冬支度(?)が。

b0251742_1583279.jpg

「この橋が出来た時、俺は母親のお腹の中にいたんだな!撮って!」
とマザコン丸出し発言でリクエストされ(笑)撮った一枚です。
・・・ん?もう一度日付をよくみて見ると、まだお腹の中にいないようです!
嫁の心に「マザコンだな!」と言う印象を残しただけの一枚になったという。
アッハッハ~!

でもね、男性はマザコンでいいのよ。
誰かが「お母さんを大切にしない男に他の女性が大切に出来るわけがない」
って言ってたの。まったくその通りだと思います。

b0251742_15111481.jpg

お天気の下でこうやって桃林を見てみると、もう枝の先がピンクなのに気付きます。
梅の後、桜の前に咲く桃の花も寒さをじっとこらえて待ってるのね。

川沿いを一時間ほど歩いて山梨市駅付近へ。
次に目指すのは万力公園です。

長くなったので、いったんこの辺で。
[PR]
by kodehinokanata | 2012-12-18 16:57 | 2012年12月甲府・勝沼旅

甲府・勝沼旅行記/1日目 「石和温泉・大棟苑」

さて、鳥もつ煮、馬刺し、新そばで幸せにお腹いっぱいになったので
石和温泉にあるお宿「大東苑」に向かいます。

電車が来るまで少し時間があったので、駅直結の駅ビル「エクラン」をぶらっと。
2Fのワインショップには山梨のいろんなワイナリーのワインがずらりと並び、
改札近くの「甲斐の味くらべ」ではいろんな山梨土産が一気に購入出来ます。
今回の旅行と過去降り立ったこの近辺の駅は
「春日井駅、山梨市駅、塩山駅、勝沼ぶどう郷駅」ですが
残念ながら甲府駅ほど豊富な種類のお土産屋さんは駅地下にはなさそうでした。
ので、荷物にならなければ甲府駅でのお土産購入をおすすめします~。

b0251742_15114343.jpg

さて、ぼちぼち時間になったのでホームに行ってみます。

b0251742_15121530.jpg

まだかな、まだかな~

b0251742_15115719.jpg

今回もカメラはiphoneとデジイチ単焦点レンズの2台持ち。

b0251742_15122879.jpg

来た来た~

b0251742_15121462.jpg

乗車すること10分ほどで春日井駅に到着。無人駅でした。
駅にはなんと足湯が!温泉郷なんですね~

b0251742_15131032.jpg

スマホの地図を頼りにとことこと歩いて行きます。
ほとんど歩道があって整備された道は歩きやすく、なんと言っても空気がいい!
気持ちよくお散歩です。

b0251742_15125861.jpg

するとこんなものが。
「ピーチロード」ですって!桃の名産地なんですものね。

b0251742_15133475.jpg

と言うわけで見渡す限り桃の木だらけ。

b0251742_1514848.jpg

さぞかしお花が咲いたらきれいだし、実がなったらいい香りなんでしょうね。

b0251742_15151710.jpg

家庭菜園の畑かな?どれもこれも緑がふさふさ新鮮で美味しそう~

b0251742_15154891.jpg

桃の木に白いお花が?

b0251742_15153355.jpg

近くでみると紙が巻いてありました。
これから実がなる為の何か特別な栽培法なのか、何かの目印なのか・・・。
見当もつかなかったけど、お宿の人に聞いたら
「桃を収穫した後に取り忘れた紙」とのこと。なんだ~。
でも白いお花みたいでキレイと観光客には評判がいいらしいです。

b0251742_1516517.jpg

あちこちに水路が通っています。
すぐ近くに「笛吹川」と言う素敵な名前の大きな川があるのでその支流かな。
ちなみにこの翌日は川沿いを歩く予定。

b0251742_15155813.jpg

ほとんど桃畑ですが、ぶどう棚もちらほらと。
もう紅葉は終わりかけでした。

b0251742_15162987.jpg

宿が見えてきました!
駅から歩くこと20分強。いや、30分弱くらいあったかな?
お昼の腹ごなしと晩ご飯の為にはいい運動でした。

b0251742_15161923.jpg

この夜お世話になったのは「大棟苑」さん。
お友達が何年も前が泊まったときに好印象だったのと、
口コミがよかったのでこちらを選びました。
お値段が¥13000くらいと手ごろなのも決め手。

お出迎えがなかったり、フロントに人がいなかったり、
案内の人がなかなかこなかったりとちょいちょいムムム!な事がありましたが
とりあえずチェックインを済ませお部屋に。

b0251742_15553864.jpg

そしてお部屋着。
想像以上に広いお部屋にさっきのイライラ気分も収まりました(ゲンキン)。
・・・既に寝転んでる人もいますが。

b0251742_15554743.jpg

浴衣ではなく、作務衣タイプ。
これが女性は桜色、男性がお抹茶色で色合いがかわいいのです。

b0251742_15555460.jpg

お宿のマークも刺繍されています。
こんな感じではお出迎えされていませんが(しつこい)。

b0251742_1556099.jpg

早速来てみると、とっても着心地がよく。
ちょっと大きめですが、小さいサイズもあるのかな?

この日は金曜日だったのですが、どうやら宴会が何件か入っているらしく。
お風呂も混まない内に行ってこよう~と食事の前にお風呂を済ませることに。

このお宿のお風呂はとっても良かったです!
こちらのお宿の名物の一つがワイン風呂との事で大浴場がワイン風呂になっていました。
が、私が気に入ったのは露天風呂。
毎分600リットルが湧きだす、無色透明の単純泉だそうですが、
その温度がぬる~くてぼぉ~となが~く入っていられるんです。
檜の丸太がごろごろ浮かべてあって香りもいいしリラックス出来る~。
人によってはぬるすぎと思うかもしれないこの露天風呂、
庭園も眺められてお宿一お気に入りの場所でした。

しかもこの夜、女性の宿泊客がとても少なかったようでお風呂も貸切。
翌朝も貸切でした。カメラ持っていけばよかったぁ。

b0251742_15595258.jpg

そして夕食タイム。
こちらは囲炉裏炭焼も売りにしているようで、そこも楽しみにしていたポイントでした。
お食事どころに行ってみると、ずらりと囲炉裏端が並んでいてワクワク。
ちなみにセットされていたお食事はこの様な感じ。

b0251742_1602895.jpg

鮭のしゃぶしゃぶ、たこわさ、香のもの、小鉢いろいろ(だったと思います)。
子供は食べるもの無いだろうなあとか思いますが、
大人なので酒のつまみがたくさんあるのはうれしいです。

b0251742_1603172.jpg

そしてこちら焼物。
帆立や海老もあって、アレ?山梨って海あったっけ?

b0251742_1611138.jpg

焼くのが好きな人に焼いてもらいます(笑)

b0251742_161924.jpg

せっかく山梨に来たのでワイン!と思ったら、アララ種類が・・・。
と言う事であまり聞いた事のない「生ワイン」を頂くことにしました。
蒼龍ワイナリーのものでした。
蒼龍って決して大きくないワイナリーなのに販売網がすごいと思うの。
営業マンがやり手なのかな・・・とか下世話な話をしつつ(笑)

b0251742_161426.jpg

ぶどうの香りがしてほんのり甘めの白ワインでした。
お刺身には合わないけど、炉端焼きには合うかなー。

b0251742_1631382.jpg

ワインビーフ。・・・思ったより小さかった(笑)

b0251742_1635077.jpg

そしてヤマメと〆の焼きおにぎり!
この焼きおにぎりにつけたお味噌が絶品!!ほんのりニンニクが効いてたような。
お米も美味しくて、この宿イチ美味しかったのはこのお味噌の焼おにぎり!!

b0251742_1634079.jpg

ヤマメも焼けました。かぶりつきます。

b0251742_1641832.jpg

デザートは山梨らしくぶどう。

温泉に入ってきれいになったお顔も髪の毛も、炉端焼きの煙と油で猛烈に燻されましたが(笑)
お腹イッパイでお食事終了でした。

お隣の宴会がもりもりに盛り上がっててコール連発。
でも楽しそうだったので嫌な感じはなかったです。
他の個室ではコンパニオンさんを招いての宴もあったみたいだし。
(部屋の前でつまらなそうに待つコンパニオンのお姉ちゃん達に遭遇)

お部屋に戻ってテレビを見たり本を読んだり、
階下からの飲み会コールに耳を傾けたり(真下だったの)しながら早めに就寝しました。
[PR]
by kodehinokanata | 2012-12-17 16:39 | 2012年12月甲府・勝沼旅

甲府・勝沼旅行記/1日目 「鳥もつ煮と新そば@奥藤甲府駅前店」

今年もあと2週間!旅行記W更新ガンバ!アタシ!

さて、やっと旦那さんのお仕事も終わられた様なので(イヤミ)、お昼ご飯です。
甲府で食べたいものと言えば「鳥もつ煮&馬刺し」!!
その二つが一度に、さらにお蕎麦も頂けた上に駅近と言う
観光客の望みを一度に叶えてくれる「奥藤/甲府駅前店」に向かいました。

b0251742_117402.jpg

ホントに駅から近いの。
一階が奥藤です。上の看板は二階の居酒屋?外観がなんかザンネンになりますね・・・。
奥藤はもう一軒同じ甲府市内の国母と言う所にあります。そちらも「本店」表記。
甲府駅前店は2011年3月にオープンした新しい店舗だそうですが、
もともと甲府駅前には一号店があったそうです。

b0251742_1181993.jpg

まずは休日の醍醐味、昼酒にてスタート~!
旦那さんは生ビール、私は熱燗。
付きだしは蕎麦を揚げたものでしたが
これがほんのりガーリックが効いて(た記憶があるあやふやだ・・・)止まらぬ美味しさでした。

b0251742_118873.jpg

奥藤はお蕎麦屋さんなのです。
鳥もつ煮などはお蕎麦が来る間につまむものとどこかに書いてあったなぁ。

b0251742_1184788.jpg

そして我らが馬刺し!We love BASASHI!
ほどよい脂の乗り具合。柔らかくクセもなくさっぱり。ああなんて美味しいのかしら・・・。
人間は残酷な生き物ですよね。でもその分感謝して美味しく頂きますから!

b0251742_1183613.jpg

そして念願の鳥もつ煮登場!足りないのが嫌だから(笑)「大」を注文しました。

みてこの照り!
新鮮な鳥レバーを使用していて、いろんな部位が入っているのが楽しい。
味付けは砂糖と醤油のみとシンプルだそうですが、
新鮮な材料を使ってるからこそなんでしょうね。
結構味が濃いです。美味しいですが、冷めると固くなりますので熱いうちに!

こちらの奥藤が鳥もつ煮発祥のお店だそうです。
昭和25年頃、まだお砂糖が貴重だった時代に甘辛く味付けされた鳥もつ煮は人気を博し、
それが甲府全体に広がって行ったそう。
お店によって味付けも使用する部位も違うらしいですヨ。
B-1ブランプリで優勝してから全国にその名が知れ渡ったんですね。

b0251742_11101987.jpg

ちょうど新そばの時期。ラッキー。
と言う事でもちろんお蕎麦も頂きます。

新そばならではの少し緑がかった色が美しい・・・。
ぷりぷりで美味しく頂きました。
それから、蕎麦湯が猛烈に美味しかった!
お蕎麦とお水が美味しいと蕎麦湯も美味しいものね。

b0251742_11103325.jpg

ちなみに「蕎麦をたぐる」と言う響きが私は非常に好きです。

藤甲府駅前店は入ってすぐは細長く席数も少なく見えますが、
奥に進むとぐっと広いスペースがあってテーブルがたくさんありました。
店員さんもきびきびとしていて、お手洗いもキレイ(高ポイント)でした~。

大満足で甲府での初めての食事を終えた後は、石和温泉にあるお宿のんびり向かいます。

b0251742_1111933.jpg

まだ仕事の電話してる人がおるよ・・・。
武田さんも呆れてるね(笑)
リュックがパンパンなのは無理やりPCが突っ込まれてるから(>_<)
[PR]
by kodehinokanata | 2012-12-17 11:53 | 2012年12月甲府・勝沼旅

甲府・勝沼旅行記/1日目 「出発、そして一人観光(後編)」

舞鶴城を後にして、次に向かうのはワイナリー。
線路を渡ってすぐにある「サドヤ醸造場」です。

b0251742_11354792.jpg

駅から徒歩5分くらい?とにかくアクセスのいいワイナリーです。

b0251742_1136492.jpg

昔からの看板かな。レトロでかわいい。

b0251742_11361574.jpg

門を抜けると、古い圧搾機がオブジェの様に置かれています。
今は機械で作っているだろうワインも、昔は手作業だったのですものね。
しかし、木製のコレ、いいのかしら野ざらしだけど・・・。

b0251742_11502138.jpg

地下セラーの見学も出来る様ですが、私はもちろん試飲へGOです!

b0251742_11365726.jpg

こちらがワインショップ。中にはレストランカフェもあります。

b0251742_113794.jpg

本日の無料試飲を頂きます!
で、やっぱり白が美味しくて!
自社で栽培しているセミヨン100%だとか。国産でセミヨン100%、なんて珍しい!
と言うわけで荷物になるな・・・と思いつつも、一本だけ!とお買い上げ。

b0251742_11374982.jpg

圧搾機があった所のベンチに買ったばかりのワインを出して記念撮影。
ワイナリーの雰囲気と買ったワインを一度に。こうゆうのいいアイデアかも~。
我ながら(笑)

b0251742_11373588.jpg

裏の建物もキレイ。青空に映えます。
こちらのカフェレストラン、なかなかメニューが多いのでランチにもカフェにも、
つまみながら軽くワインでも~と使い勝手がよさそうです。

そろそろ旦那さんの所に戻ろうかな~とサドヤさんを後にします。

b0251742_11381135.jpg

今度は線路北側沿いの道を駅に向かうと、なにやら素敵な建物が。

b0251742_11382387.jpg

「藤村記念館」ですって。

b0251742_11384869.jpg

この建物の様式は、山梨県の初代官選知事である藤村紫朗が積極的に奨励したとされる
擬洋風建築であり、山梨県内では藤村紫朗にちなみ「藤村式建築」と呼ばれています。


とのこと。ほっほーう。

b0251742_11383955.jpg

ライトアップもワインボトル?を使ってるなんてさすが!

甲府駅北口は再開発された様で、整備されたきれいな駅前広場と言った感じでした。
バスが停まった南口はデパート(?)が2軒あって商業的な雰囲気です。

b0251742_11385978.jpg

さて、スタバに戻ってみるとまだ仕事中の人・・・2時間経ってるのに。
とりあえず私も隣で珈琲を飲みながら、スマホしたり本を読んだり。
「あと2分!」が絶対15分はかかるいつものやり取りをしつつ、ちょっとお怒りモードな私でした。
(お腹が減ってるだけとも言う)

急かしまくって、スタバを後にし(長時間電源を貸していただいてありがとうございました!)
やっとお昼ご飯を食べに行きます!
[PR]
by kodehinokanata | 2012-12-08 12:00 | 2012年12月甲府・勝沼旅

甲府・勝沼旅行記/1日目 「出発、そして一人観光(前編)」

台北旅行記も終わらぬまま、甲府・勝沼旅行記に着手。
いいの!気分で書くの!でも年内には完結したい。どちらとも。
では、甲府・勝沼旅行記行ってみよー!

==========================

「そう言えばしばらく二人で旅行してないね」と言う事で、
勝沼の自然の中でのワイナリーめぐりと行ってみたかった甲府に1泊ずつ、
2泊3日の旅に行ってきました。

行きは高速バスで新宿から甲府まで。

b0251742_2248149.jpg

出発!バスでの旅行なんて久しぶり!ちょっとワクワク。

b0251742_22493344.jpg

朝8:30出発のバスだったので、朝ごはんは十条仲通り商店街の大好きなパン屋さん、
「プティアンジュ」で購入。やっぱ美味しいな~。
(私は1つだけョ~。後は旦那さんの!)

b0251742_2250162.jpg

新宿の高速バスターミナルから乗車、2時間10分で甲府に着きます。
金曜日午前中だけど、渋滞もなくぐんぐん進みます。早い!
・・・12/2の朝にトンネルの墜落事故が起きた笹子トンネル。
私達も下り路線ではありますが通りました。

b0251742_22503845.jpg

バスの中でパンをもりもり食べグースカ寝ていた旦那さんですが、
甲府駅に着くなり「・・・仕事していい?2時間くらい・・・」だとさ!
急な仕事が入ったそうで、しっかりパソコン持ってきてるもんね。
金沢の時もそんなことあったな・・・、まったく!

でも気持ちを切り替え(慣れたとも言う)、
荷物を置いて一人で甲府駅周辺観光に出かけることにしました。

b0251742_22511110.jpg

まずは甲府駅の観光案内所で情報でも収集するか~と駅に向かいます。

b0251742_22513635.jpg

甲府のとりもつ煮のマスコットキャラ「とりもっちゃん」パネルが・・・!
とりもつ煮を食べるのも今回の旅の重大なミッションなのです。
とりもつ煮を食べれるお店マップもここで入手出来ます。

b0251742_22523518.jpg

駅前すぐにある武田信玄像。
結構な大きさで立派です!こんなにごつい人だったのね~。

b0251742_22535166.jpg

駅前の交番の看板。カワイイ。

b0251742_12343198.jpg

次はこれまた甲府駅すぐにある「舞鶴城」へ。
とりあえず一番近い入口から入ってみました。
適当に行ったので、後から気付いたのですがどうも裏から入って脇から出た様です(笑)
ちなみに無料です。

b0251742_12344417.jpg

終わりかけだけど紅葉も見れました。
こちら、桜の名所でもあるそうなので時期が早ければ桜の紅葉も見れたな、ザンネン。

b0251742_12351591.jpg

工事中らしくここから本丸には登れませんでした・・・のですぐ諦めました(笑)
多分違う入口からは入れるんじゃないかな?

左に建っているのは「謝恩塔」で、明治時代に山梨に起こった大きな水害により
明治天皇が災害の復興にと皇室の山林を県に供与。
謝恩塔はその記念に建てられたそうです。

正面で工事しているのが明治に壊された鉄門(くろがねもん)で、
只今復元工事中だそうです。

b0251742_12352969.jpg

いいお天気!

b0251742_12355131.jpg

H姐&nokiにLINEで実況中継しながら、一人の寂しさを紛らわしました(笑)
お付き合いありがと!

b0251742_1236331.jpg

「武徳殿」

なんだかきりっとした建物だなぁと思っていたら、
今でも武道の修練に使われているそうです。

b0251742_12362676.jpg

武田信玄の「武」は武道の「武」なのか!

b0251742_12363444.jpg

ここじゃないだろ!と言うくらいのわき道から舞鶴城を出て、次の目的地へ向かいます。

b0251742_12365364.jpg

線路越しに反対側を覗くと、何やら輝く建物が建設中!
と思ったら、そう言えば甲府情報を集めてる時に商業施設を建設中って書いてあったな。
調べてみると「甲斐夢小路」と言う大正時代の街並みを再現した観光スポットが出来るらしい。
あ~、行ってみたかったな!

b0251742_12365964.jpg

お!舞鶴城公園のパンフレットに載ってた建物だ!
やっとお城見に来たって感じ。・・・でもこれは櫓だったのでした。「稲荷櫓」。
本丸はお城廃止の時期に壊されちゃったらしいよ。

b0251742_12372221.jpg

「お城を見た!」と言う気分にはなれないけど(笑)
なかなか広くキレイな公園と言った感じの舞鶴城でした。

長くなったので、一人観光後編へと続きます。
[PR]
by kodehinokanata | 2012-12-07 11:28 | 2012年12月甲府・勝沼旅

歩いた、歩いた

b0251742_22461498.jpg

写真は曇り空ですが…。
週末の甲府、勝沼旅はよく歩きました。

今回「ここは歩ける」「ここは無理!」が分かったので、
次回に生かしたいと思います。
えぇ、また行きますとも!
LOVE♡勝沼!

旅行記はぼちぼちね。
[PR]
by kodehinokanata | 2012-12-03 22:42 | 2012年12月甲府・勝沼旅


コデヒの日々を記録します


by kodehinokanata

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
家メシ
家酒
居酒屋・バー
和食
洋食
イタリアン&フレンチ
中華
焼き肉・焼き鳥・その他肉
エスニック&カレー
韓国料理
麺類
ファストフード
スイーツ・パン
カフェ・喫茶店
映画・美術展・観劇・音楽・本
お出かけ(東京&東京近郊)
お出かけ(葉山)
里帰り
着物
写真
お買い物
頂きもの
つぶやき・日々のこと
2012年8月台北旅行
2012年12月甲府・勝沼旅
2013年2月シンガ・カオラック
2013年6月東京案内
2013年8月水戸&笠間へ
2013年9月松本ひとり旅
2013年10月東京‐栃木自転車旅
2013年12月友を訪ねて上海へ
2014年1月ヨロシク、バンコク
2014年6月安曇野旅
2014年7月山形庄内旅
2014年11月秋田旅行
2015年1月山形旅行
未分類

最新の記事

ご無沙汰してます、元気です!
at 2015-06-17 16:04
最終日
at 2015-05-26 23:06
今日から東京!
at 2015-04-19 10:52
目黒「韓菜園 本家 Ponga」
at 2015-04-11 16:52
有楽町「6th by ORI..
at 2015-04-09 18:34

以前の記事

2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧